Entries

神畑養魚株式会社 姫路支店の温室には

<文字のみでお伝えする神畑養魚株式会社 姫路支店さまの温室そして機材のストックヤード>
雰囲気は、神畑養魚株式会社:「さかなくんが温室を訪問」の写真でお察しください。

一般見学者お断り、お取引の業者さまのみしか入れないという温室に、ご厚意で案内していただきました。
トントントン鉄骨2階建ての階段をあがっていくと、途中からは魚のにおいがします。
「おお、これぞアクア系のにおい!」
入ってすぐは、作業台。魚をつめて発送するパッキングが、奥にはずらりと水槽が並んでいます。
めだか水槽の列などもあったのですが、やはりゆっくりと金魚の列をみせていただきました。
温かい国から来た金魚たち。国の名前が書いていなければ、どこの国のものか見分けがつきません。
Sサイズの小さな琉金たちは、赤い体をぎゅうぎゅうよせてごんずいみたいに押し合っています。
奥には3Lサイズの青文魚もいて、あたまもこもこ、プリンプリンと泳いでいました。
ちびっこパールもプリプリしていましたよ。
水槽ではなくコンテナに入っている魚もいて、立派な地金がいました。孔雀尾がプリティでたまりませんねぇ。
水槽にはそれぞれサイズ、魚種ごとにわかれていたのですばらしい種類と数の魚がいました。

「夏は地獄です」「えーっ!蒸し暑さですか?」
「朝に入ってきた金魚すべてが夕方、空っぽになるぐらい朝から晩まで作業が続くからです。」
数十本ある水槽に、魚が入って朝7時台から終業まで延々パッキングなどが続くそうです。地獄ですねぇ。
見学させていただいたのが12月でよかったです。夏なら仕事で殺気立っていて、見学どころではありませんからねぇ。

「下にも金魚がいますよ」トントントン階段をおりて1階にも。こちらには金魚もおりましたが、鯉や日淡も。
ショートボディ鯉というのをはじめてみました。水槽用ですかね。普通サイズの鯉はいろいろな色合いがおり、羽白、落ち葉しぐれ、秋翠など金魚にはない色合いが、もちろんプラチナ系のきらきらもありますので楽しかったです。

24時間照射で青水も作られていましたよ。
片隅に小さなマンホールのふたが開いていて、ため水用の貯水槽らしいのですが、Yさんが片足が落ちたことがあるよと笑っておられました。怖いですねぇ。

もっともっと見たかったのですがお時間も過ぎ、外の倉庫にはスイレン鉢や流木、石や砂利、マジックリーフなども置かれてすごく楽しかったです。どうもありがとうございました。
すっかり社会見学的な雰囲気で最後は終わりました。支店長、Y様、F様、お仕事お忙しい中どうもありがとうございました。

金魚ブログ参加しています。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。穂竜愛好会、平成26年度品評大会は平成26年10月19日(日)、兵庫県赤穂市 赤穂城址公園で盛会のうちに終わりました。穂竜愛好会は、会員募集中!「穂竜」に興味を持っていただいた方,穂竜愛好会をよろしくお願いいたします。
別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://horyuk.blog.fc2.com/tb.php/754-2ca10285
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

魚フォト

穂竜 変わり竜の写真です

全記事表示リンク(過去記事はこちらから)

全ての記事を表示する

検索フォーム

にほんブログ村PV

にほんブログ村PVランキング

Extra

プロフィール

穂竜愛好会京滋G

Author:穂竜愛好会京滋G
赤穂の地錦魚 穂竜・変わり竜 を飼育する穂竜愛好会の
京滋Gメンバーのブログです。穂竜のほかにもさまざまな金魚を中心にブログに書きます。

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター