Entries

2014年 穂竜愛好会弐歳会 無事終了 その1

今日は、無事晴天の中、穂竜愛好会弐歳会が、初の県外、京都府立伏見港公園にて無事に開催されました。
朝早くからお手伝いいただいた方、遠路はるばるお越しいただいた方、本当にありがとうございました。
(↑この文は、会長また常任理事からの言葉でもあります。)

穂竜愛好会HP、および愛好会公式広報HP「外虫魚図」で詳細については近日中にアップされます。
煽るのやめてぇの声がきこえるっぅぅ!

市内だったので早く帰らせていただきました。一足先に弐歳会の朝の準備について書き始めさせていただきます。
今日は7時から京都で準備だったにもかかわらず、多くの会員様が来ていただいて、赤穂からのトラック到着を「いまや遅し!」の体制で待っておりました。
s-DSC03085.jpg
s-DSC03089.jpg

さて、今回は広い芝生広場でのびのび開催!スケール感が違うのですが、2歳会は2歳魚ばかりですので、本当は夏の研究会よりも、秋の品評大会よりも楽チンなんですよね。
初めてですので、洗面器をどのあたりに置くのかも、責任者の京滋G長の指示があいまいでも、20人以上の助っ人のおかげで無事に9時ごろには開会できました。
s-DSC03102.jpg

さて、受付を済ませて早速魚を出品。今回は、穂竜愛好会を手伝ってくださるデキる女性陣が受付にずらりと並んで、手分けして受付いただきましたので、大変スムーズに受付が進みました。受付→名札→記念品→弁当申込→出品手続き
s-DSC03127.jpg

穂竜が圧倒的に多かったですねぇ。またある会員さんが「毎年えらい勢いでサイズアップというかレベルアップしてませんか?」と言ってくださったのがうれしかったです。

9時半には第1回の分譲が行われ、かわいい当歳がたくさん洗面器に並んでおりました。
夢見る季節ですよねぇ。私もこの中から研究会に持ってきていただける魚がたーくさんでるのではとうれしい反面、審査の補助として気を引き締めなおす思いでした。
s-DSC03091.jpg

その後は会長からのご挨拶。
s-DSC03124.jpg

「よーいドン!隣の人間国宝さんを見ましたよ。」と多くの方に声をかけられておられました。

さて、このあたりで今日はおしまい!
しばらくこのネタでブログを引っ張る予定です。お付き合いください。

金魚ブログ参加してます。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。ただいま絶賛会員募集中!「穂竜」に興味を持っていただいた方,穂竜愛好会をよろしくお願いいたします。
別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

[C245] ご苦労様でした!!!

弐歳会、無事終了!大変ご苦労様でした。
会場選びから、準備・設営等、この度は特にありがとうございました。本当に良い場所で良い天候に恵まれ感謝です。
これからもよろしくお願いいたします。
  • 2014-05-19 17:31
  • コーチT
  • URL
  • 編集

[C246] Re: ご苦労様でした!!!

無事に済んでホッとしました。朝早くの準備から赤穂の片づけまで,ありがとうございました。
私はバタバタして魚を見る暇も,写真を押さえる暇もありませんでした。
いつもの事務局の苦労を少しお察しいたしました。
夏の研究会と品評会はサポートに徹しつつ,ブログ用に最低限の写真を押さえていきたいです。
「って,その前に魚やろ」という声も確かに聞こえました。魚前向きにがんばります。

有難うございました。京滋G
  • 2014-05-19 21:39
  • コーチTさんへ:穂竜愛好会京滋G
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://horyuk.blog.fc2.com/tb.php/530-9375d838
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

魚フォト

穂竜 変わり竜の写真です

全記事表示リンク(過去記事はこちらから)

全ての記事を表示する

検索フォーム

にほんブログ村PV

にほんブログ村PVランキング

Extra

プロフィール

穂竜愛好会京滋G

Author:穂竜愛好会京滋G
赤穂の地錦魚 穂竜・変わり竜 を飼育する穂竜愛好会の
京滋Gメンバーのブログです。穂竜のほかにもさまざまな金魚を中心にブログに書きます。

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター