Entries

2歳会の下見をする(後編)

タニクリ,タニクラ,タニクリ,タニクラ―(フニクリフニクラのメロディでどうぞ♪)
注意:今日の話はほとんど創作です。

斬込隊長(長いので以下隊長で)の飼育環境を見に行きました。
室内で稚魚が,青の洞窟を思わせる幻想的なブルーの光の中を泳いでおります。
y-DSC02775.jpg
隊長の家はおしゃれですからねぇ。稚魚もアーバンなライトで落ち着くと思います。

ちなみにこの横には,水玉模様のエイや,大きなダトニオとエンドリケ・なんちゃらー(inabouさんが,ペラペラと魚の解説をしてくださるのですが,熱帯魚に全く興味がない私には,ダトニオがイシダイに見えてしょうがありません。エンドリケと聞くだけでkinkiの堂本くんしか浮かびません。ほんまにすいません。)が入った巨大水槽があります。
稚魚たち怖いでしょうねぇ。こんな肉食の皆さんと目があったら。たぶん目隠しとアーバンライトでごまかされています。

さて,今日のテーマは外の多肉植物が置かれた水槽台です。
y-before1.jpg

隊長の魚も大切ですが,奥さんの多肉植物があぶない!
よく見てください。多肉植物を載せた穂竜水槽と横の水槽が,少し中央に荷重がかかり,それを支える水槽台があきらかに外側に開いています。このままでは,下の水槽に穂竜水槽が落ちて,さらにその上の多肉植物たちが,ぶちまけられるぅぅぅぅ!
「あなたの魚のせいで,私の多肉植物がぁぁぁ。バカバカ,もう金魚なんて飼わせないわ!」という妄想が広がる一同。

「家族の愛なしで,魚の飼育はできない!」と一同があたりを見回すと手ごろな水槽台が。
「多肉のために,力を合わせろぉぉ」と,多肉植物のための水槽台が設置されたのでした。
y-DSC02805.jpg

この安定した水槽台。これで多肉植物も一安心。「君の多肉植物は守られた。」
y-DSC02786.jpg

こうして,2歳会の下見は無事に終わったのでした。次回,2歳会の下見お詫び編に続きます。


金魚ブログ参加してます。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。ただいま絶賛会員募集中!「穂竜」に興味を持っていただいた方,穂竜愛好会をよろしくお願いいたします。
別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://horyuk.blog.fc2.com/tb.php/502-de668cff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

魚フォト

穂竜 変わり竜の写真です

全記事表示リンク(過去記事はこちらから)

全ての記事を表示する

検索フォーム

にほんブログ村PV

にほんブログ村PVランキング

Extra

プロフィール

穂竜愛好会京滋G

Author:穂竜愛好会京滋G
赤穂の地錦魚 穂竜・変わり竜 を飼育する穂竜愛好会の
京滋Gメンバーのブログです。穂竜のほかにもさまざまな金魚を中心にブログに書きます。

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター