Entries

愛好会に入ったから

昨日死んでいたミューズ若爺のことを考えながら,古くからいてくれた金魚のことを考えていました。
一昨年猫に連れて行かれた琉金は,初期に金魚を買うきっかけになった更紗の魚でした。ミューズ若爺より大きかったと思います。この間,猫に連れて行かれた大きな琉金は去年たくさん卵を産んでくれていました。派手な模様のキャリコでした。
さて,今年は愛好会も8年目のはずなので,私は2年目から参加しているはずなので穂竜を飼って早7年になります。
その1,2年前から金魚を飼っているので,もうすぐ10年とかになるんですねぇ。
ある意味飽き性の私がここまで続いたのは,愛好会に入っているからだと思います。
たぶん,愛好会に入っていなかったら,何匹か金魚が死んだタイミングで規模の縮小をしたり止めていると思います。

色んな勉強をさせていただきました。
私の場合は愛好会に入らせていただいてよかったなぁと思います。
モチベーションが続いています。お知り合いが増えました。教えていただけることが多いです。
もちろん,穂竜系等が好きな方も好きでない方もおられるでしょうし,好きな度合いが増えたりへったりもするでしょうが,個人である会長が創られた穂竜という金魚は放っておけば長い目で見ればいなくなるかもしれません。
多様な金魚文化,観賞魚文化があって,私たち庶民が楽しめるって素敵なことですよね。
多くの皆さんで会を少しずつ支えていただければと思います。

金魚ブログ参加してます。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。ただいま絶賛会員募集中!「穂竜」に興味を持っていただいた方,穂竜愛好会をよろしくお願いいたします。
別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://horyuk.blog.fc2.com/tb.php/490-e2f8f0d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

魚フォト

穂竜 変わり竜の写真です

全記事表示リンク(過去記事はこちらから)

全ての記事を表示する

検索フォーム

にほんブログ村PV

にほんブログ村PVランキング

Extra

プロフィール

穂竜愛好会京滋G

Author:穂竜愛好会京滋G
赤穂の地錦魚 穂竜・変わり竜 を飼育する穂竜愛好会の
京滋Gメンバーのブログです。穂竜のほかにもさまざまな金魚を中心にブログに書きます。

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター