Entries

ブラインの準備その1

来るべき春に備えて,ブラインシュリンプエッグ(以下ブラインまたはブラインシュリンプ)の準備をしました。(私のペースだと)だいぶ気が早いです。
まだ、産んでないし、産む気配もない低水温のS家。3月に2泊の旅行に行きたいので、産卵はそのあとにしたいからです。消費税が上がる前に駆け込みで買っておこう!
s-DSC01976.jpg

さて、ブラインシュリンプの沸かし方や保存の仕方ですが、あまり丁寧に解説してくれていないかも?
ということで「手抜き・ズボラ・貧乏性」の私のやり方をご説明します。
(このやり方も,人に聞いて適当にやっているので正しいとは限りませんよ。)

まず、どれぐらいの量を買えば良いのか?ですが、金魚のペアが本気で産んだら450g前後の1缶を使いましょう。
画像のものです。

ホムセンなどにあるのは20gとか100gと少量なので割高です。小型魚とかには良いんでしょうね。
また、殻むきブラインとか、毛仔から食べる人工飼料、卵黄をゆでた物も試しましたが、(ミジンコが沢山取れるような夢の環境をお持ちのかたは別として)やはり生き餌は食い付きが良いです。

稚魚には,餌切れが起こらないように常に餌をやりましょう。
餌は塩水で沸かします。大体2.5~3%になるように塩を入れます。水は水道水で大丈夫。ブラインが孵化するころは塩素はぬけていますから。塩は精製塩より、ミネラル塩で。塩は金魚飼育には必須なので安いときに買っておきましょう。
入れ物は,我が家はペットボトルです。数が少なければ500ml。少し多ければ1L。マックス2Lです。
大きなガラスの梅酒瓶を試したこともありますが、大きすぎた。あと、ペットボトルは殻を捨てるときに便利なんです。
これをローテーションで3本で回しています。一つブライン用水槽を作って、25度にしておきます。
孵化したあとの稚魚の水槽でブラインを作っていたことも有ります。
私は,24時間で使っていたのですが,もうちょっと長くした方が孵化率が良いらしいです。私も今年はもうちょっと待ってみようっと。
これも卵によるので、正解は各自が探して下さいね。

今日はここまで!


ただいま穂竜愛好会公式広報「外虫魚図」では、2/15(今週土曜日)まで絶賛プレゼント企画やっています。
愛好会の会員様ではなくても、稚魚を育てたことがなくても、穂竜に興味を持っていただいた方はどんどん応募してくださいね。こんなチャンスは,もう二度とないかもしれません!

金魚ブログ参加してます。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。ただいま絶賛会員募集中!「穂竜」に興味を持っていただいた方,穂竜愛好会をよろしくお願いいたします。
別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://horyuk.blog.fc2.com/tb.php/437-e074b326
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

魚フォト

穂竜 変わり竜の写真です

全記事表示リンク(過去記事はこちらから)

全ての記事を表示する

検索フォーム

にほんブログ村PV

にほんブログ村PVランキング

Extra

プロフィール

穂竜愛好会京滋G

Author:穂竜愛好会京滋G
赤穂の地錦魚 穂竜・変わり竜 を飼育する穂竜愛好会の
京滋Gメンバーのブログです。穂竜のほかにもさまざまな金魚を中心にブログに書きます。

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター