Entries

家に帰って落ち着くまでが研究会(品評会)

出品された魚、分譲で購入された魚、お子さんが金魚すくいで持ち帰られた魚、それらの調子はいかがでしょうか?
私は始めの頃、よく魚を持ち帰っては2,3日後に体調不良、さらに水槽に大打撃!ってことがよくありました。
それを良く知る方からは「2,3日はしっかり養生したりや。」と心配する声も。

さて、穂竜愛好会は玄人の方も大歓迎なのですが、初心者に優しく、女・子どもにさらに優しくなので、今さらですがケアについて少し書きます。本当は、研究会前に書いておけばよかったですね。
まず、出かけるまえに養生用の水槽を最低1本作ります。水は新しく入れてフィルターなども回しておいて下さい。
ここで、出品をしない人も必ず水槽を作っておいたほうが良いです。「見学だけやし」と思ってうっかり行くと、分譲に出ている可愛い魚。絶対うっかり持ち帰ることほぼ100%です。
ファミリーで行くと、2本は作った方が良いです。「お父さん(お母さん)、金魚すくいで掬った金魚も飼ってぇ。私が育てるし。」必ず子どもは言います。
そのとき、新しく持ち帰った分譲魚と金魚すくいの小さな魚を決して混ぜてはいけません。
穂竜の稚魚は大概、100%無菌状態みたいな環境でお姫様のように育てられています。ドロドロの水槽でも、自然界にいる以上の菌はいません。せいぜい、白点だの赤斑ぐらい。人間で言う風邪ぐらいです。
しかしお店から来た金魚すくいの小さな魚たちは、どろんこ保育園みたいなところで育っているので、人間でいれば「水疱瘡も風疹もインフルエンザもかかったことがあるぜ」という菌に対して強い子達です。その子達でも、金魚すくいで追い回されて傷ついたり、ストレスがかかると調子が悪くなります。そこへ無菌のお姫様を混ぜると、あっという間にお姫様は重病状態へ。免疫がまったくないのであっという間に死にます。

じゃあどうすれば良いのか。
持ち帰った穂竜は、暑い中狭い所に入れられてぐったりしています。穂竜ばっかりで一つの水槽に入れます。今回私は、塩を少し使いました。そして暗くして餌を抜いて様子をみました。言い忘れていましたが、入れるまえに水槽に袋ごと浮かべて温度を合わせて、中の水は入れず金魚だけを手で掬っていれました。
餌は、2日ほど抜いてそこからちょっぴりずつあげました。

すくいの魚は、それで1本にまとめて同じく塩を入れてあげてください。
金魚すくいの魚は人間でいうと、2.3歳ぐらいの子どもなので、大人の魚より弱いです。
エアーを充分に、もし死んだ魚がいたらすぐ取り除いて水槽を早く安定させてあげてください。

バケツや網は、これらの魚と穂竜と必ずわけてください。

とりあえず、こんな感じで今回は私の家は、今の所体調をくずしていないようです。
水温30度を超える白い洗面器で、直射日光を浴びても金魚って元気なところが凄いですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://horyuk.blog.fc2.com/tb.php/262-fa4acfd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

魚フォト

穂竜 変わり竜の写真です

全記事表示リンク(過去記事はこちらから)

全ての記事を表示する

検索フォーム

にほんブログ村PV

にほんブログ村PVランキング

Extra

プロフィール

穂竜愛好会京滋G

Author:穂竜愛好会京滋G
赤穂の地錦魚 穂竜・変わり竜 を飼育する穂竜愛好会の
京滋Gメンバーのブログです。穂竜のほかにもさまざまな金魚を中心にブログに書きます。

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター