Entries

第6回穂竜愛好会品評大会 レポート3

朝10時、会長の挨拶に続き、赤穂市 豆田市長からの電報が読まれ、審査スタートです。

2012品評会08

今回からは出品数も増えたため、審査スタイルが変わりました。
魚をまずぱっと見てAからDの4ランクに分けられます。それからAランクとBより気になる洗面器を上げて、じっくり審査が始まりました。

審査変わり竜

変わり竜に関しては、親魚も当歳も同じ土俵での勝負です。
親魚は大きくなった分迫力が出ますが、欠点があると大きく目立ちます。さらに、2歳での柄は薄くなる魚もいるのです。まずは泳ぎ、そして形。さらには柄となっています。


当会、公式広報HPの外虫魚図さんで詳しく載っていますので、こちらでは3位までの写真と、独断でのグループ長Sによる勝手なコメントを述べておきたいと思います。
ちなみに審査員による審査途中でのコメントおよび、会での魚評については、他の仕事を一生懸命していたのでちゃんと聞いていませんでしたので、あくまでも私が取った写真による独り言と思ってください。
是非、会場に来られ、泳ぐ魚と魚評を聞いてください。損はありません。

変わり優勝

優勝は、2歳魚でした。確か、私の記憶によれば、優勝魚・準優勝魚は、はじめはB判定でした。
しかし、じっくり見ればバランスがよく、泳ぎがしっかり泳げていたのでしょう。
2歳まで魚を崩さずにしっかり飼う。とても難しいことだと思います。

変わり準優勝

準優勝は、当歳魚ですので、幼くかわいらしい印象です。
しかし、鱗並びも美しく、尾の蛇の目も綺麗に入っています。
この素直な魚を2歳、3歳と育ててまたぜひ来年は優勝を狙っていただきたいです。

変わり3位

三位は、頭の後ろにポチッと赤が入りますので黒青竜ではありません。
この魚も綺麗な魚で、うろこもきれいに並びます。泳ぎもしっかりしている印象を受けました。


以上、グループ長Sの独り言でした。

ちなみに、常任理事による魚評は言葉でなんとか魚の良さを伝えるため「魚の品格が」「尾を最後までつかいきり」「泳いだときは癖を見せずに」と、「なるほどだからこの魚は良いのか!」と驚くスーパーコメントの連続です。ちゃんと聞いておけば良かったと後悔しております。

次回、穂竜当歳をアップしようと思うのですが、そのときは、1回しか記事をあげていない番長Y氏か、忙しいのでまったくブログに登場しない斬込隊長T氏に、『魚評がわりの独り言』を載せて欲しいなぁ。と思っています。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://horyuk.blog.fc2.com/tb.php/26-4ce1b1d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

魚フォト

穂竜 変わり竜の写真です

全記事表示リンク(過去記事はこちらから)

全ての記事を表示する

検索フォーム

にほんブログ村PV

にほんブログ村PVランキング

Extra

プロフィール

穂竜愛好会京滋G

Author:穂竜愛好会京滋G
赤穂の地錦魚 穂竜・変わり竜 を飼育する穂竜愛好会の
京滋Gメンバーのブログです。穂竜のほかにもさまざまな金魚を中心にブログに書きます。

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター