Entries

昔のコメント

2008年頃、(穂竜を飼い始めたころ)読ませて頂いていたブログをたまたま目にしたとろ、当時私が書いたコメントが残っておりました。
「勉強会に参加してみようと思うのですが、はじめてなので一般的なことを教えてください。
1)夏場になりますが、魚の搬送方法はどのようにされておられますか?2歳と当歳などサイズの違うものでも同じ入れ物で運ばれるのでしょうか?
具体的に容器や水の量など教えてください。
また、慣れない移動で魚を落としたくないので、なるべく魚のためになるコツなどありましたらぜひ教えてください。
2)自分で産卵させた当歳の場合、いろいろと欠点だらけとは思うのですが、教えを請うためにも出品させていただいたほうが良いのか、新人は見学から始めたほうがよいのか(会の雰囲気にもよるのでしょうが)アドバイスください。」

うわぁ、5年前ですね。私、初々しいです。
お聞きしたブロガーさんが、また凄く丁寧に教えてくださりとても有り難かったです。
今読み返しても、私やったらもっと粗雑な答えかもと思います。

1)魚の搬送方法は、車などでご自身で持って行かれるのですか?
 うちの場合は底が平らになっているビニル袋
(金魚をいれる専用袋)に 魚と水と純酸素を入れて 
 スーパーマーケットなどで使っている買い物
 カゴにそのビニル袋寝かせて入れて
 持ち運びしています 車からの移動距離が長
 そうだったら キャリーに載せて 運びます
 水の量は ビニル袋を寝かせて 水深15cmくらいです
 2歳魚と 当歳魚 サイズが違いすぎるので
 あれば 別々にしたほうが いいですね

 移動で魚を落とさないコツですか?
  ☆前日から餌は切る
  ☆会場と持ち帰り用の水の水温を出来るだけ
  同じにする 水温差は魚にとってかなりの  ストレス
  ☆カルキ抜きと塩は持参する
  もし 会場で自分魚が弱ってると思ったら
  主催者側の人に 許可をもらって対処する
2)勉強にもなるので 出品されることを
  お薦めします

7月の当歳研究会のときは、上記のコメントを参考にしてくださいね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://horyuk.blog.fc2.com/tb.php/202-2568f75c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

魚フォト

穂竜 変わり竜の写真です

全記事表示リンク(過去記事はこちらから)

全ての記事を表示する

検索フォーム

にほんブログ村PV

にほんブログ村PVランキング

Extra

プロフィール

穂竜愛好会京滋G

Author:穂竜愛好会京滋G
赤穂の地錦魚 穂竜・変わり竜 を飼育する穂竜愛好会の
京滋Gメンバーのブログです。穂竜のほかにもさまざまな金魚を中心にブログに書きます。

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター