Entries

藍白

下の「金魚」と書かれたバナーをクリックしていただくとにほんブログ村の頁に飛ぶのですが、そちらのランキングで面白そうな記事がないかなぁとうろついていたら、金魚を売っておられるペットショップで藍白珍珠鱗という文字に惹かれて覗いてみました。
なんとはなく黒青竜っぽい色合いのパールが載っていました。
完売ですって。やっぱりこの赤がない色合い良いよねぇ。
白いパール鱗がのって白っぽく見えてしまうのですが、パールにも色々な色合いがあったほうが面白い。
そんな青っぽい魚が好きな方は、ぜひ穂竜愛好会へどうぞ。黒青竜ほか、五花竜とか色々と面白い色合いの魚おります。
IMG_2474.jpg
IMG_2458.jpg
IMG_2449.jpg
IMG_2445.jpg


穂竜愛好会10周年。全国品評大会にお集まりのみなさんありがとうございました。2017年、これからも穂竜愛好会をよろしくお願いいたします。まだまだ愛好会は新入会員募集中。お気軽にお問い合わせください。

にほんブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。このブログは穂竜をはじめ金魚を飼うのが好きなSが書いている金魚のブログです。「穂竜」に興味を持っていただいた方,お気軽に穂竜愛好会の掲示板にお問い合わせください。別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

[C574] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C575] Re: はじめまして

> 変わり穂竜をこちらで見かけ、可愛くて飼いたいと思いましたが近所では見ることが無いのです。
> 飼いはじめたきっかけは、いかがだったのでしょうか。
> 突然の図々しい質問を失礼いたします。

質問者さま はじめまして
ブログを書いてますSです。コメント有難うございます。
さて、飼いはじめは、動物出版から出ていた金魚80品種カタログ という金魚のカタログ本ですねぇ。
金魚を飼って、病気のときどうしたらいいのかな?見たいな感じで飼育本を買ったのですがその時代に買った本ですね。
そこにはやはり店では見ることができない、金魚が載っていて、そこに載っていた変わり竜のなかの黒青竜(白・黒・浅黄)がすごいなぁと思いました。
その後ネットをうろついていたらちょうど、作出者の会長がHPで愛好会の会員を募集されていて私は比較的早い時代にたまたま入会したのです。はじめは会長に変わり竜と穂竜を数匹譲っていただきました。今では作出するのが愛好会メンバーに増えましたが、相変らず市場にはなかなか出回らないと思います。またちゃんとした穂竜や変わり竜に育てるには結構手間がかかりますからね。
新年になれば2017年度の愛好会がスタートしますので、よかったら気が向いたタイミングで入会されたら春からの分譲でプリプリ泳ぐかわいい変わり竜などが手に入ると思いますよ。
  • 2016-12-14 21:28
  • 質問者様へ:Sより
  • URL
  • 編集

[C576] 丁寧な、お答えありがとうございます

お忙しいのに、お時間を取らせてしまい申し訳ない気持ちと有難さで胸いっぱいです。

愛好会のページを拝見したところ皆様は金魚を作出したり品評会に出したりしていらしゃるようですね。

私は、ただ好きなだけで数種類の金魚を飼っている、ずぶの素人です。
品評会に出かけたりする時間も取れそうにないのです。
いつも金魚を頂いている金魚専門店には、まれに穂竜は見かけますが変わり穂竜はいません。
愛好会に入らない一般人も変わり穂竜を飼う方法はありませんか。
質問ばかりで申し訳ありません。
  • 2016-12-22 07:04
  • 金魚が好きなものより
  • URL
  • 編集

[C577] Re: 丁寧な、お答えありがとうございます

いえいえ、穂竜と変わり竜に興味をお持ちいただき有難うございます。
変わり竜(変わり穂竜ではなくこっちが正解です)は、愛好会の規定で真っ白だけでなく赤白や素赤は「変わり竜ではない」というところで、流通量が少なくなります。琉金や出目金を考えると、赤や白、紅白は比較的良く見ますが、浅黄メインとか綺麗なキャリコ柄って少ないでしょう。
穂竜も黒っぽいこはたくさん見るのですが、金銀が綺麗なこって結構少ないものです。
ほぼお店に出回りません。
あとはネットかな。

ということで、愛好会入会が手っ取り早いです。
入会されたからと言って、必ずすべての研究会や品評会に来なくてはならないということはありません。
会員に向けて、会長HPより分譲のお知らせがあり、郵送されます。
会員の方は北海道から九州までおられて、来られたことがない方もおられます。
が、毎年東京や九州から来られる方もいますし...
ただ、赤穂まで来られると、魚も選べますし来てよかったなぁと思わず納得の価格になっていますよ。

ちなみに愛好会に入る前の私は金魚飼育2年目で、60cmの水槽1本に、リュウキンと丹頂とバルーンオランダを飼っているようなずぶの素人でした。ずぶの素人のかた大歓迎です。
  • 2016-12-22 10:41
  • 金魚が好きな質問者様へ
  • URL
  • 編集

[C578] 愛好会が大事なことがわかりました

お忙しい年末に何度も、お時間を頂いて、ありがとうございます。
仰せに従って愛好会の掲示板を拝見していると、やはり本当の穂竜を見るには愛好会のものが一番だと知りました。
愛好会には直ぐには入れそうもないのですが、これからもこちらのぺージや愛好会のサイトを拝見しながら穂竜とはどういう金魚なのか、じっくりと知りたいと思います。

基本的なことなので改めてお尋ねしたいのですが、
家にいる金魚は「サクラニシキ、日本オランダ、浜錦、浜出目金(浜錦の出目金版)」なのですが、穂竜を浜出目金と同じ水槽で飼おうと思っていました。これって穂竜的には非常識なことでしょうか。穂竜は飼うには難しい種類なのでしょうか。

いまのところ家で一番繊細なのは水に非常に敏感な感じがする
サクラニシキ(深見産)なのです。

いろいろ質問ばかりでごめんなさい、
時間に余裕があるときにでも教えていただければ幸いです。

  • 2016-12-23 10:09
  • 金魚が好きなものより
  • URL
  • 編集

[C579] Re: 愛好会が大事なことがわかりました

> 基本的なことなので改めてお尋ねしたいのですが、
> 家にいる金魚は「サクラニシキ、日本オランダ、浜錦、浜出目金(浜錦の出目金版)」なのですが、穂竜を浜出目金と同じ水槽で飼おうと思っていました。これって穂竜的には非常識なことでしょうか。穂竜は飼うには難しい種類なのでしょうか。
>
> いまのところ家で一番繊細なのは水に非常に敏感な感じがする
> サクラニシキ(深見産)なのです。

こんばんは。出目の浜錦と一緒で基本的には大丈夫と思いますよ。
ただ、自家産かお店経由かで金魚の免疫が違うところが心配でしょうか?
変な相性がありますよね。

例えば穂竜は養魚場より個人飼育が多いので、菌に偏りがあるのかなと考えています。一般的な菌を知らないというか。
私の家の金魚はみんな同じ飼育用具を使っていて、少なくともこの1年はお店の金魚は導入していないので我が家は病気らしい病気がありません。我が家の金魚を他の人に差し上げたら、他の人の家で調子を崩したことがあり、「S菌」と恐れられていますが、たまたま我が家の金魚が持っていた菌とあわなかったのかなと思います。逆もあると思います。

我が家のような汚い自宅で育って病気しらずだった子どもが、保育園に行ったらすぐ風邪をもらってきたみたいな。

以前は新しい金魚を導入するときは私はハネ魚とテスト飼育をしていました。
ただ、普通の飼育者の方はハネ魚はいないと思うので、どちらもとても大切な魚のときは混ぜないのもひとつの手ですが、入れ物がなかったら混ぜちゃうかな。

早く混泳が見られたら良いですね。
  • 2016-12-23 23:54
  • 金魚が好きな質問者様へ
  • URL
  • 編集

[C580] 度々ありがとうございます。

とても参考になり勉強にもなります。
これまでの金魚飼育は金魚専門店の方の意見を参考に自己流で来ましたが、熱心に飼育をされている方のご意見を伺えて嬉しく思います。

お忙しいのに大切な時間を頂きましてありがとうございました。
いつか私共にも穂竜がやってくる時を楽しみにしながら、今いる子たちを大切に飼育を続けてまいります。

これからもブログ「穂竜 大好き」の記事を楽しみにしております。

寒い日が続きます。お体を大切に良いお正月をお迎えください。
金魚たちも元気に春を迎えられますように。
  • 2016-12-24 14:45
  • 金魚が好きなものより
  • URL
  • 編集

[C581] Re: 度々ありがとうございます。

こちらこそ、丁寧にコメントいただき有難うございます。
参考になるようなことはあまり書いていないので恐縮ですが...
また、ブログに立ち寄っていただき、突っ込みを入れていただければと思います。

金魚専門店がお近くにあって良いですね。
我が家の近くにはそのようなお店がありません。
穂竜はまたきっと思っているうちにチャンスがすぐに来ると思います。
たくさんの子ども達がプリプリ泳ぐのを見るのは楽しいです。
ぜひ稚魚から育ててみてください。

こちらこそ有難うございました。Sより
  • 2016-12-24 23:01
  • 金魚が好きな方へ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://horyuk.blog.fc2.com/tb.php/1424-7c7e7355
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

魚フォト

穂竜 変わり竜の写真です

全記事表示リンク(過去記事はこちらから)

全ての記事を表示する

検索フォーム

にほんブログ村PV

にほんブログ村PVランキング

Extra

プロフィール

穂竜愛好会京滋G

Author:穂竜愛好会京滋G
赤穂の地錦魚 穂竜・変わり竜 を飼育する穂竜愛好会の
京滋Gメンバーのブログです。穂竜のほかにもさまざまな金魚を中心にブログに書きます。

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター