Entries

変わり竜の種類やいかに

2010品評会にて

写真は2010年品評会

以前「亜種」という名前で呼ばれていた変わり竜ですが、有名なところで 黒青竜(こくせいりゅう)がいます。
背に浅葱(あさぎ)色を有し黒斑の見られる魚体。
そして五花竜(ごかりゅう) 黒・赤・白・青・黄色・薄紫等を有する魚体。

ざっくり言えば、上の魚は黒青竜か五花竜でしょうか。
変わり竜の五花竜も、普通のキャリコ柄と違い、浅葱が基本にのっていて特徴的な色合いです。

穂竜愛好会は、紅白竜、黒竜、白竜、赤竜を審査対象外としています。
金魚的には、紅白は基本と思うのですが、「当たり前の魚を創っても面白くない!」という会長の考え方が大きく反映されているのでしょう。(これはあくまで私個人のとらえ方です)
昔は、五花竜も対象外として、選別で捨てられていたそうです。(もったいないです。)
その厳しい選別の結果、今の浅葱が基本に乗る変わり竜になったのでしょう。

会には出しませんが、個人的には黒竜も白竜も赤竜も飼育していたことがありました。
特に赤竜は退色が遅く虎柄になっていたので、今から考えれば黒赤竜として出品できていたかもしれません。
穂竜愛好会は、「マイ金魚を創る」にも柔軟に対応しています。
会報をよく読んでみると面白い発見があるかもしれません。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://horyuk.blog.fc2.com/tb.php/13-f9d2df13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

魚フォト

穂竜 変わり竜の写真です

全記事表示リンク(過去記事はこちらから)

全ての記事を表示する

検索フォーム

にほんブログ村PV

にほんブログ村PVランキング

Extra

プロフィール

穂竜愛好会京滋G

Author:穂竜愛好会京滋G
赤穂の地錦魚 穂竜・変わり竜 を飼育する穂竜愛好会の
京滋Gメンバーのブログです。穂竜のほかにもさまざまな金魚を中心にブログに書きます。

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カウンター