Entries

はじめての研究会について

7月1日は、今年の第1回の研究会ですねぇ。
さて、新しく入会された方や、穂竜愛好会のことを興味をもってくださっているみなさまへ。
弐歳会とか研究会とか、よく違いがわからないですよねぇ。
私も数年間違いに気がつきませんでした。(おいおい、ぼんやりしすぎやろう!と今なら突っ込めるね)

まず、金魚の一年間を考えます。
春3月から5月ごろに産卵、そのあと3ヶ月ぐらいこまめにお世話しているとちょっとふっくらして色が出て、穂竜っぽい魚になりますよね。当歳魚といいます。今我が家の稚魚は3ヶ月ぐらいたった魚は、ちびっこ穂竜みたいになってきました。
春から夏に餌をたくさんたべて大きくなります。夏は暑いからちょっとばてたりするときもありますけどね。
秋はまたまた餌をたくさん食べて、早く生まれた魚は卵を産んだり精子を出すこともありますねぇ。
11月ぐらいになったら寒くなるので活性が落ちて、年が変われば2歳魚になります。

愛好会はまず5月に弐歳会。昨年生まれの魚を持ち寄ります。当歳魚はまだ稚魚で小さくて審査できませんしねぇ。
ここで、稚魚も分譲しますので、産卵なかった方は購入し大きく育てるチャンスです。

7月に第1回の研究会。今年生まれの魚を持ち寄ります。
まだまだ小さい魚も多いですが、「今年穂竜、すごいきれいな色でキラキラした魚ですねん。」とか、「尾が素敵やねん、泳ぎきれいやでぇ」と見せ合うのが研究会です。
まだ、稚魚が小さい人がいるかもですので、まだ分譲もあると思います。(たぶんねぇ)
金魚すくいもあります。ここしかない年に1回の穂竜すくいというのがありますよぉ。

9月に第2回の研究会。これも今年生まれの魚を持ち寄ります。
7月に小さい稚魚を購入しても、ばんばん餌をやればでかくなりますよ。
7月に見せ合った魚でもいいですし、そのときに気がつかなかった稚魚がきらっと大きく育っているかもしれません。

10月は品評会。これが会のもっとも大きなイベントです。(いやあ、気がつかなかったよねぇ、数年間。)
当歳魚と二歳以上の魚を持ち寄ります。
弐歳会は最大10匹(穂竜と変わり竜を5匹ずつ)、研究会も最大10匹(おなじく5匹ずつだけど、小さいから楽だよね)。
品評会は最大20匹ですからねぇ。秋やし当歳魚も大きくなるからねぇ、荷物も多いしなぁ。

でも、品評会がもっとも大切なイベントなんです。
研究会は、【研究】ですからお気楽な気持ちで「こんな綺麗な魚できましたよ」とか「我が家の魚でっかくなりました」とかで持ち寄ってくださいね。

次は、穂竜愛好会第1回研究会 平成30年7月1日(日) 赤穂城址武家屋敷公園デース。

☆研究会は今年生まれの魚を持ち寄ります。稚魚サイズも7月には若魚に! 
当日入会もお待ちしております。入会金1000円、年会費2000円。夏は金魚のシーズンですね。

穂竜愛好会、2018年もよろしくお願いいたします。
新年の会費は、弐歳会などの愛好会のイベント会場で直接お支払いもOKです。
口座振込みご希望の方はご連絡いただいたら口座をお伝えいたします。


にほんブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。このブログは穂竜をはじめ金魚を飼うのが好きなSが書いている金魚のブログです。「穂竜」に興味を持っていただいた方,お気軽に穂竜愛好会の掲示板にお問い合わせください。別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ

スポンサーサイト

Appendix

魚フォト

穂竜 変わり竜の写真です

全記事表示リンク(過去記事はこちらから)

全ての記事を表示する

検索フォーム

にほんブログ村PV

にほんブログ村PVランキング

Extra

プロフィール

穂竜愛好会京滋G

Author:穂竜愛好会京滋G
赤穂の地錦魚 穂竜・変わり竜 を飼育する穂竜愛好会の
京滋Gメンバーのブログです。穂竜のほかにもさまざまな金魚を中心にブログに書きます。

最新記事

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター