Entries

浮いたり寝たり,ひっくり返ったり

寒くなってくると,金魚が浮いたり寝たりひっくり返ったりしています。
が,「育て方悪いからそんな個体もでるよね。」と放っております。

加温という手段もあるのでしょうが,丁寧に育ててあげられないガサツな飼育者なのでまあ放置。
当歳の穂竜浮いています。当歳の変わり竜寝転んでいます。2歳の琉金ひっくり返っています。
ちび琉金,ひっくり返りが続出,小さいから弱いのでしょう。
0s-DSC00767.jpg

0s-DSC00769.jpg


長手の魚は大丈夫というわけでもないようです。
以前,長い魚も何匹か寝てましたし。

「穂竜は弱い」と思わないでくださいね。我が家ではほかの魚種と同じ程度,または少々弱い程度です。


お帰りの際,ぽちっと押していただくと嬉しいです。別窓で開きます。
女子にも大人気の「穂竜」に興味を持っていただいた方,穂竜愛好会をよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

PHをはかる,塩分をはかる

以前,PHを測定する機械をもらいました。が,金魚はあまりPHは関係ないらしい。
というか,金魚しか飼ったことがないので熱帯魚などPHに繊細な魚種を知らないのです。
2,3回測って,その後もう使っていません。
0s-DSC00778.jpg

今回,塩分濃度を測定する機械が欲しくて買いました。
料理用の測定器もあるのですが,どうも金魚用のほうが細かい濃度がわかる。
ということで,金魚用の塩分濃度計を買いました。
0s-DSC00786.jpg

軽く水洗いして,1回だけ家の味噌汁の温度を測ってみました。
金魚用は細かい濃度がわかるけど,作り立て熱熱は機械に悪いかもしれない。
少し冷まして,測定すると0.82%(味噌汁としてちょうどよい濃度)おいしい濃度でした。

そして,その後金魚の水の濃度を試してみました。
少し塩が入っている水槽の濃度も正確にでたよぉぉ。

この機械が2%まで測れたら,料理などの塩分濃度にちょうど良いのですが。
まあ,金魚専用に今回は使おう!
魚には丁寧に測定してあげるのに,人間は適当な塩加減のS家でした。



お帰りの際,ぽちっと押していただくと嬉しいです。別窓で開きます。
「穂竜」に興味を持っていただいた方,穂竜愛好会をよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

貝殻をいれておく

牡蠣のおいしい季節近づいております。
牡蠣殻,捨てずにとっておくタイプのSです。

先日から,「青水ができへん,できへん」と騒いでいましたが,ここ数日でできてきたっぽい。
s-DSC00761.jpg
s-DSC00762.jpg

まず,種水を2か所もらってきました。(煎茶色のものとグリーンティー色のもの,うちひとつは,番長からもらった。)
それで,水を割って作ってます。
で,酸性に傾くと青水がうまくいかないとネットに書いてあったので,牡蠣殻放り込んでおきました。
s-DSC00764.jpg
入れているうちに,貝もとけるから,それなりに中和しているんでしょうねぇ。
s-DSC00765.jpg

貝なら,まあカルシウムという感じでアワビも入っていますが。
s-DSC00766.jpg

ここで,「ひらめいた!!」
牡蠣じゃなくても,しじみでもアサリでもええんちゃうの?その方がてっとりばやいなぁ。
と味噌汁の具に貝が増える予感のS家でした。


お帰りの際,ぽちっと押していただくと嬉しいです。別窓で開きます。
「穂竜」に興味を持っていただいた方,穂竜愛好会をよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

冬になった

秋だと思っていたのに,あっというまに冬になってしまったように感じます。
外の水温も,朝8度だったし。明日も寒いらしい。
ちなみに,外の舟には「こいペット」という水温計が入っていて,10度をきれば「エサはきる」と書かれています。
s-DSC00760.jpg

でも今日は昼は温度があがるかもなぁとちょろっとだけエサをいれておきました。

昨日,犬を飼っておられてよく散歩させておられる近所の人に「Sさんところにアオサギ来ていたよ」という話を聞きました。「何~!あおさぎぃぃ」
実は,私の家の前にはそう大きくもない川が流れており,その川沿いにある少し離れたところの喫茶店のおばさんが,アオサギに餌付けしています。1週間ほど前にも喫茶店の前の建物屋根でおばさん待ちするアオサギを目撃。
ちょうどおばさんが出てきてアオサギに向い,「あおちゃん,降りておいで。そんなところにおらんと。」とコアジのパックをもって呼びかけています。
アオサギは,おばさんに言われるまま地面におりてエサを待っていました。アオサギって人なれするんだ。

ご近所さんによると,青水つくり用にはねた金魚を入れたゴミ箱(背が高いので猫は届かないと思って網をしていないやつ)を見つめていたよ。とのこと。もう川は水が冷たいし,餌付けされてはいらへんにゃろねぇ,と冷静なコメント。一応ほかの入れ物は網がかぶせてありますけど気を付けようと思いました。

お帰りの際,ぽちっと押していただくと嬉しいです。別窓で開きます。
「穂竜」に興味を持っていただいた方,穂竜愛好会をよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

サプリ 使ってみましたが

今日もお家にあるヨーグルト飲料を混ぜてみました。
いやあ、いろんな乳酸菌に私の腸も喜んでいるようです。
00DSC00756.jpg
って、基本乳酸菌なしでも調子がよい生活を送っているんですけどね。
人間も魚もいい効果は分からんのです。

そして先日購入したサプリメント、使ってみましたが、効果はよくわかりません。
00DSC00757.jpg
一つ言えるのは、すごく食いつきが悪いです。まったく食べません。
中身は、錠剤なのですが、同じタイミングで放り込んだクロレラの錠剤は食べられて、緑のフンで出てきたのに、こっちの白い錠剤はまったく減りません。
00DSC00759.jpg

まあ、こんなもんかな。
明日はものすごく冷える予定ですので、外の舟には波板を乗せておきました。
前の冬も寒かったけど,今年も寒いってテレビで近頃騒いでいますよね。
皆さんの家でも外の魚は寒さ対策してあげてくださいね。

お帰りの際,ぽちっと押していただくと嬉しいです。別窓で開きます。
「穂竜」に興味を持っていただいた方,穂竜愛好会をよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

人には人の、魚には魚の

先日から3日ばかり続けている、乳酸菌まぜまぜ作戦。
魚の調子はいたって普通です。ええフンしているやつもいる。横を向いている奴もいる。
その中で、ご意見頂戴しました。
「人には人の乳酸菌、魚には魚の」

以前CMで、「人には人の」と宣伝されていたように様々な菌の中から、人間の腸でも死なない乳酸菌が選ばれているように、魚には魚向けのものがエエのではないかと。
キョーリンさんから出ている餌にも、魚によい成分の菌が入っている餌があるではないかと。
そうです、「納豆菌、乳酸菌、酵母菌」が入った餌があるよと。

あ、そっかそれ混ぜたら手っ取り早いかぁ、と思ったのですが、「菌は10度以下では活動が低下するので、寒い冬にはあまり効かないのでは。」という補足付き。さらに、キョーリンさんの餌はあまり低温には向いていないかもとアドバイスいただきました。有難うございます。

ちょっと大手のスーパーに行けば、乳酸菌がはいった各種機能性食品が豊富にあって、高血圧の人にとか花粉症改善とかいろいろ効用があるので、魚にかけるより人間むけに買いたいなと思いました。
しばらく、飽きるまで冷蔵庫にある乳酸菌シリーズ試してみます。そのうち、酵母シリーズとして麹とか酒粕とか試し出したり、納豆試すようになるのかな?

菌の話をいろいろみていると、1巻しか読んでいなかった「もやしもん」をちゃんと読んで、勉強し直したい感じがしました。
ブログ読んで頂いて、乳酸菌やサプリメントをまぜることはご自身の判断のもとでお試しください。魚がどうなっても責任は取れません。


お帰りの際,ぽちっと押していただくと嬉しいです。別窓で開きます。
「穂竜」に興味を持っていただいた方,穂竜愛好会をよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

最近のエサ

エサを買うのは大好きです。
新しいエサは試してみるタイプです。
ちなみに,先日買ったSサイズは,ここ数年お世話になっている「花咲」です。
00DSC00656.jpg
それに,アユのエサも混ぜています。
ミシロの緑のやつ(胚芽育成)も混ぜました。

今日はそれに,冷蔵庫にあった乳酸飲料,鉄分を+するためプルーンが入っている紫のやつを混ぜて練り込んでみました。甘いヨーグルトや飲料,砂糖や甘味料が入っているものは若干抵抗があったものの,(混ぜているときがまずそうで),不平が言えない魚たちはだまって食べていました。
(昔,甲虫ブームのとき,子どもが大きなクワガタとかカブトムシとか欲しがって飼育していました。エサに昆虫ゼリーにバナナやヨーグルトを混ぜていたのを思い出しました。)

低水温の浮くタイプのエサもあるのですが,穂竜に関して言えば沈むエサを中心にあたえていたので,食いつきが悪いように思います。

3歳以上の琉金などの魚と長手の魚がいる,物干しには別の配合のエサがあります。
たまたま粒が大きめのものを選んであって,物干しから投げやすいようになっています。また,浮くタイプのエサも混ぜられています。
彼らには,夏場などは粒が大きな鯉のエサが放り込まれています。

この時期必要のない,色揚げのエサは片づけられて,低水温中心にしています。


お帰りの際,ぽちっと押していただくと嬉しいです。別窓で開きます。
「穂竜」に興味を持っていただいた方,穂竜愛好会をよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

冬のヒーター

昨日コメントでヒーターを入れるかどうかご質問頂きました。ありがとうございます。
先にお話しすると、私は今年は一部ヒーターを入れる予定です。(やらなかったらごめんね)

ただ、ヒーターを入れなくても穂竜は越冬できます。
たしか2009年、秋にはじめて穂竜が家に来ました。
当歳8匹が60cm水槽で室内の玄関で、8匹が60cmの野菜プランターで日のあまり当たらないベランダで冬をこしました。加温無しでしたが、全匹冬を越すことはできました。(春に水替えを早まってたくさん殺したけど)

毎年、屋外で金魚が過ごしています。屋外に関してはコンセントがないので保温していません。
水温の差が激しいと金魚に負担がかかるので、室内ですが暖房はなしです。凍ることはありませんが、息が白くなりそうな勢いです。10度を切ります。

京都ですので、バケツなどは凍るときもありますが、エアレーションを入れている舟は凍りません。
今年も、外はヒーター無し予定です。舟に透明波板をかぶせておきます。

さて、今回ご質問頂いた方は、室内で15度から18度ということですが、リビングなど人がいるときに20度を超えて、夜になると寒くなってしまう部屋なら間違いなくヒータを入れておくと良いと思います。
差が激しくないようにしてあげてください。
ただ、15度以上なら金魚の活性も高く、餌もやらなあかんし水も換えなあかんし、その水替えの時に温度を合わせなあかんしそこに気をつけてください。
産卵がうまくいかないかもというご意見もありますが、まず無事に越冬してもらうためにヒーターありも良いと思います。餌も食べて大きくなるし、温度差による白点病などにもなりにくいですしね。
たかたかさんは、45Lで2匹ということなので、水槽に余裕もあっていいですね。
我が家の事を振り返らずコメントをするならば当歳なら45Lで3、4匹までではないかと思います。

私は今年のヒーターは最低水温を低くしすぎないように10度くらいで入るようにしたいと思っています。
が、低い温度が設定できるサーモをたくさん持ってはいないので一部しか使わない予定です。


明日は、今使っている餌について書きます。

お帰りの際,ぽちっと押していただくと嬉しいです。おかげさまで,1位にランキングすることができました。「穂竜」に興味を持っていただいた方,穂竜愛好会をよろしくお願いいたします。
別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

祝,ブログ村 IN部門1位

有難うございます。みなさまに,ぽちっと押していただき,おかげさまで,なんと1位にランキングすることができました。わーい,パチパチパチ。(*∂_∂*)/~
ひとときの1位とはいえ,皆様のご協力のおかげです。ありがとうございます。今後もぼちぼちと更新を続けていきますのでよろしくお願いいたします。


さて,日本一大会で手に入れられなかったカレンダー,エサを買い手に入れることができました。
ふむふむ,穂竜はのっているかな。
6月のページです。
s-DSC00665.jpg

おっ!6の数字の下にいた。
金色がきれいな魚やなぁ。上見だけではなく,横見もいいですよね。
s-DSC00663.jpg

「穂竜」に興味を持っていただいた方,穂竜愛好会をよろしくお願いいたします。
別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

ヨーグルトを混ぜました

先日言っていたように,家にあるもので試してみようシリーズスタート。
今朝はヨーグルトを混ぜました。
ちょっと奮発して菌がよさそうなものを購入。
s-DSC00661.jpg

2/3ぐらい,別皿にとって先に私が食べました。ここで,人間の口内細菌などがまじって体調を崩すとまずいので,スプーンは洗ってあるもので別皿にさきに人間分を取りました。
その後,ヨーグルトにエサを適当に混ぜて浸し,水槽に投入。
s-DSC00666.jpg

普通にエサを食べに来ました。

室内なので,窓際の水温11度。写真のほうは13度。
屋外は8度でした。

明日からは,もうちょっと安いヨーグルトになります。
たぶん500mlのやつ。ええフンでてくれるやろうか。

お帰りの際,ぽちっと押していただくと嬉しいです。おかげさまで,なんと2位にランキングすることができました。「穂竜」に興味を持っていただいた方,穂竜愛好会をよろしくお願いいたします。
別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

Appendix

魚フォト

穂竜 変わり竜の写真です

全記事表示リンク(過去記事はこちらから)

全ての記事を表示する

検索フォーム

にほんブログ村PV

にほんブログ村PVランキング

Extra

プロフィール

穂竜愛好会京滋G

Author:穂竜愛好会京滋G
赤穂の地錦魚 穂竜・変わり竜 を飼育する穂竜愛好会の
京滋Gメンバーのブログです。穂竜のほかにもさまざまな金魚を中心にブログに書きます。

最新記事

カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター