Entries

水替えもう1日早めに

稚魚の選別に昨日力を注げなくて、途中で力尽きてしまいました。
あああ、途中で近所のおばさんの立ち話に1時間半も捕まって選別ができなかったのです。
そのため、選別途中の稚魚の水かえが昨晩できませんでした。
朝、急いでかえたものの何匹か死んでいました。
水が腐って酸欠になっていたのです。

きっといい魚も死んだに違いない。
悔やまれます。
みなさん、稚魚の水替えはやばいと思ったらすぐにしましょう。
スポンサーサイト

迷われたらメールください

5月18日の2歳会に行ってみようかな。
愛好会に入ろうかな?と迷っておられる方へ。
良かったら,相談のメールください。

当会,広報web「外虫魚図」のinabouさんから,女の人から問い合わせが来たので,Sさんへ回して良い?という話が来たのでOKしました。

「ちょっと穂竜父さんに話を聞くのは敷居が高いなぁ」と思われたり,雰囲気どんなのか聞きたいな?と思われたら,horyu.keiji.gあっとまーくgmail.comまでメールください。

お返事にしばらく時間がかかるときもありますが,京滋Gでメールをお返しします。ブログコメント欄か何かにメール打ちましたがとか書いていただければ,チェックが多少早くなります。
お問合せお待ちしております。

亀消える

冬の間冬眠していた,玄関外の亀水槽の水を変えました。
そろそろ春なのに,甲羅を干す姿を見せないなぁと思っていたので,もしかして死んだ?と思い,緑の水を探ってみました。冬眠用に落ち葉などを入れておき,ボウフラよけにはねた金魚を入れておいたので,水替えに時間がかかったものの,結果亀の姿が消えていました。

亀はどこに?
琵琶湖ですくって1年,まだ小さいので容器から逃げられるサイズではないと思うのですが。
亀の種類は石亀。
3月ぐらいには見たのに。
家の前は川ですが,道路から5mぐらいあるので,落ちたら甲羅割れるやろうし。
どこかで元気で育っていてほしいです。

稚魚育つ!

s-DSC07239.jpg
稚魚が日々育っております。(^O^)V

ブラインシュリンプを長生きさせるための、薄い塩水を作ることを言いましたが、それがなくても大丈夫なくらいぱくついています。
昨日は、仕事途中の休憩で自宅にご飯を食べに帰らなかったので、9時間以上餌をあげられませんでした。
帰って観察用水槽を覗けば、腹ぺこの稚魚。
餌をあげると、10分ほどで完食。もっとあげると、これも完食。
腹がふくれている稚魚ラブリーです。
そろそろ、稚魚の尾も開きつつあるので、週末の休みの水替えのときに選別をしたいと思います。
今回は、曲がっていたり尾が開いていないものをはねる予定です。

GW近づく

みなさん、GWが近づいて参りました!産卵シーズン本番です。
いつもこの時期長洲に行きたい!火の国長洲金魚まつりと思うグループ長Sです。
「ながす」ですよ、「ちょうしゅう」じゃありませんよ。
金魚の館は、いったん閉められてもう金魚展示がなくなったかも?なのですが、金魚セリ市に行きたいこの頃です。
しかし、祝日も関係無く仕事ありますので、今年は無理そうです。GW後半にでも、田舎の家に1泊2日で行くのがせいぜいでしょうか?
その頃には、田んぼの水もはられているかも?ですので、ミジンコやカブトエビ、ホウネンエビをゲットしてみたいです。職場の庭の手水鉢にボウフラと共にミジンコが沸いていましたので、少しペットボトルで頂きました。
減ってしまった分、さらに沸くように、くみ置きの水を足して、落ち葉などを突っ込んでおきました。
ミジンコを見ながら、「へへっへ」と笑っていると職場の人から「不思議さん」と思われてしまいました。

寒暖の差激しく

明日,子供の先生の家庭訪問です。
{ಠ_ಠ} フー{ಠ_ಠ}トホホ {ಠ_ಠ}ハッハッハ {ಠ_ಠ}ふぅー

休みの日の半分を稚魚の水替えに使い,残りの半分を部屋の片づけに追われました。
玄関先で主に飼育しているので,この時期どのようにしてもきれいになりません。
出しっぱなしのバケツや洗面器をかたづけ,2分岐してから3分岐と別れているエアホースをまとめ,ヒーターの電線をまとめたとしても,金魚を飼っていない人から見たらかなり雑然としています。
その上,性格的に雑なので,バケツも種類がさまざま。エアホースの色がちょっとちがったり,長さもたるんでいたり,妙にはっていたり。

それでも,強引に押し入れにいろんな飼育グッズを押し込みました。
棚の上の発泡スチロール箱にもいろいろ詰め込みました。
ついでに,奥の部屋まで片づけられないので金魚の見える玄関先の部屋で,先生と強引にお話する部屋にしました。ブラインも沸かして生臭さup中です。

厳しい先生らしいので,汚部屋に怒られそうです。先生,これでも頑張ったんです {ಠ_ಠ}!!

花と緑の市民フェア

今日は、みやこめっせ(京都市勧業館)で昨日と今日に開催されていた、花と緑の市民フェアにちょこっとだけ行きました。
いつも、屋外で小さく金魚や鯉の展示や小物を売っているからです。
カメラを忘れたので、画像無しです。

金魚の展示、販売ありました。良心的な価格で金魚も販売されていました。
たとえば、いろいろ金魚Lサイズ、3匹2000円。明2歳ぐらいの、水ほうがん、オランダ、琉金などがいました。琉金はちょっと好みの絣色や茶キンタイプもいてすこし引かれました。あと、色々なメダカが。だるま、ひかりなどなど。メダカの進化は凄いですね。
また、鯉は、紅白、三色、だけではなく、衣、秋翆などもいました。
子ども向けに、金魚すくいコーナーもありました。

金魚鉢や小物も売っていました。
水温計を探していたのですが、古そうな箱に入って旧型のやつ、「おいくらですか?」と聞くと200円。
残っていた4つ全部買いました。また、「2方分岐のコックありますか?」と聞くと、「ちょっと展示に使ってたし、100円におまけしとくわ。」とこれまた有り難いお言葉。
良い買い物をしました。

みやこめっせの中では、たぶん多くの人にとってこっちがメインの切り花や苗の販売。また、生け花や山野草、万年青などの展示。
きれいな花より、万年青コーナーの熱い視線が品評会っぽくって気になりました。

選別網

稚魚を扱うときに、選別網という目の細かい網があります。
私は、はじめて金魚が産卵したときには持っていませんでした。当時の私にとって、小物グッズにしては値段が高い気がしたので、代用品を探しました。
数匹の稚魚を掬って尾の具合などをみるときには、ちいさな白い入れ物を使いますが、これはプラスチックの植木鉢の皿を使っています。安くてサイズもいろいろあり見やすいです。現在も使っています。
が、手頃な良いものがなくプリンの空きカップなどで代用していました。(稚魚の数も少なかったですからね)

しかし、数年前から使ってみると、作業の効率が良い。
今年はさらにバリエーションが増えてやりやすさアップです。ぜひ、購入をお勧めします。
20130420_6655.jpg

一番右側は、広報ブログも金魚もまめですが手先も器用なinabouさん自作の網。右から2番目は、師匠から「しっかり選別せーよ」と以前にいただいた網です。左側の2本はよく使っているために汚さが目立ちますが,一番左端が直径3cm程度のもので、今はブラインの死骸などをすくったりしています。
舟から移動させるときに、師匠網でがーっと掬い移動。ゴミを小さい網で取って水替え終了。
まだ今年のサイズはよく見えないので、もうちょっと大きくなってから選別に使います。

ブラインの湧きが悪いとき

ブラインの湧きが悪くて,少々卵っぽいのが残りつつ,エサをやりました。
稚魚のお腹に卵っぽいのが見える気がします。卵も食べちゃうのかな?
うーん,ムラがある。
一応おさえで,粉餌をまいてみます。
水が汚れる気がしますが。無事にブラインが沸いて,お腹がオレンジ色に染まってほしいです。
20130419_6675.jpg

稚魚の水替え

プラ船の稚魚の水替えをしました。
昨日産んだ琉金の卵があるので,プラ船の積みなおしも兼ねています。

また,網戸のネットなども取り除きました。
まず,新しく水を薄くはり,目の細かい稚魚用あみでざっとすくいます。
後は,少しずつ水を捨て,そこが白い洗面器などに移して残りの稚魚も取りこぼしがないように入れました。
次に,空になったプラ船に水をはりなおし,次の段を移します。
この順序で今回は5段つみました。
死んだブラインが赤く膜をはっているので,膜はすくって捨てました。
改めて見てみると割と孵化率は良いようです。
ちゃんと食べてくれて大きくなっているようでした。
プラ船は孵化まで日が当たらない方が良いので,琉金の卵は下に来るように並べています。

時間がかなりかかったので,仕事に来るのがぎりぎりになり,着替えができませんでした。
濡れたトレーナーの袖口から,生臭い水のにおいがするのが気になります。

Appendix

魚フォト

穂竜 変わり竜の写真です

全記事表示リンク(過去記事はこちらから)

全ての記事を表示する

検索フォーム

にほんブログ村PV

にほんブログ村PVランキング

Extra

プロフィール

穂竜愛好会京滋G

Author:穂竜愛好会京滋G
赤穂の地錦魚 穂竜・変わり竜 を飼育する穂竜愛好会の
京滋Gメンバーのブログです。穂竜のほかにもさまざまな金魚を中心にブログに書きます。

最新記事

カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カウンター