Entries

DVD発売本日締切りですよ!!

広報担当inabouさんのブログを拝見すれば,DVD予約は今日までではないですか!!
まだの方は急いで予約いれておいてください。

また,素敵なグッズの紹介がありましたね。
私も素敵な洗濯ばさみを買いに行こうっと。ホースが暴れて,室内水浸しとかよくありますもんね。

今日は春のような素敵な気候ですが,週末はまた雨の模様。
春の足音を感じます。
スポンサーサイト

立地Kさんからの魚でかくなる

DSC06126.jpg
立地Kさんより、以前お譲りいただいた魚でかくなりました。
目が出ていない、高頭キャリコパールも混じっています。

DSC06127.jpg
相変わらずの22度設定のため、餌を気が向けば5,6回はやるためほぼ3日でこの水槽状態です。
今日も水替して、温度を少し下げました。
気がつけば、水槽ぎゅーぎゅーですので大きくするのを辞めて、ヒーターを4月には稚魚用に回すことにします。

水泡を切りました

DSC06109.jpg
DSC06113.jpg
変わり竜が肌荒れでしたが、1匹水泡ができてしまいました。
水の状態も悪いのでしょうが、肌が弱い魚なのでしょう。
同じ状態でもきれいな魚もおれば、真っ赤になりつつも水泡がない魚もおります。

そんなときは、私は思いきって水泡をきります。
DSC06114.jpg

100円ショップなどで買うメイク用小さなはさみ。
そして、うがい薬につかう消毒薬を塗って、3秒くらいで水槽に戻しました。
DSC06117.jpg

これで水泡がきえれば良いですが。

外の方が調子が良いなんてねぇ

昨日,急に休日の予定がキャンセルになり時間が空いたので,魚の水を変えました。
当歳の冬越しですが,屋外緑水トライ組(今年は奇跡的に青水キープ中です)と室内玄関先冬眠組がいるのですが,外の方が調子が良いようです。
肌荒れなし,浮きなし,転覆はよく見えないのでいるかもしれませんが。
DSC06134.jpg
(交換後、逃げ惑う魚)

玄関先室内水温8度チーム6匹中2匹が浮きと転覆です。
その2匹を外の緑水の2匹と交換して,ぼちぼちと3月に入れば水温を上げていこうかと思っています。
3月末に,留守にすることがありそうですので早めに産卵されても,稚魚のお世話ができません。
以前にもお話した通り,4月または5月の産卵シーズンに合わせてぼちぼちと合わせていきたいところです。

さて,今年魚の産卵を狙っておられる皆さん,GWに連泊なんかできないんですよぉぉぉ!!!
私は,魚を飼い始めるまでGWに出かけられないって知りませんでした!!
実家に帰るとか,ましてや海外旅行とかこの後行けませんよぉぉぉ。
3月ぐらいに旅行に行っておきましょう。

1月から産卵に取り組むらんちゅうの方々は,すでにこのシーズンでも忙しいはず。
ちなみに今日は,出張に出かける家族を送りに5時過ぎに起きましたが,まだ暗くて冬の気持ちです。
体力を蓄えて元気に頑張りましょう。

おすすめ本 金魚伝承別冊 中国金魚大鑑

冬の間におすすめ本を書いておこうと思ったのですが,そろそろ巷では床直しの噂など。
私はまだですが,あわてて本の紹介スピードアップです。

s20130221_0250.jpg
金魚伝承別冊 中国金魚大鑑です。
ええでぇ。おお,これぞ1点もの!的な魚がいっぱいおります。

s20130221_0252.jpg
琉金はショートテールとロングとどっちが好きですか?
私はもちろんロングです。
いろいろと癖が出たり尾がまくれたり大変とおもうけど,ロングが好き。

らんちゅうが好きだと言っていた人が「コブにかなりこだわりがあるんです。フェチなんです。」と言っていたのを聞いて,私はらんちゅうに興味がいまひとつわかんのは,コブにフェチ心がないからだなぁとつくづく思いました。
それよりも,ひらひら~としたひれが伸びている魚にフェティシズム。
他人の趣味はどうでもいいんです。自分の趣味を追及していきましょう。

寒いデース 水替えにこの太さ作って下さいアクアメーカーさん

最近、水替えにこの灯油ポンプを愛用しています。
某ホームセンター製の手動固定式大型灯油ポンプです。
s20130221_0246.jpg

値段の安さと径の太さが気に入っています。
当たり前ですが、灯油のポリタンク用ですからね。目の高さの水槽から排水するときに、ホースの短さが欠点です。
でもおそらくバケツ8Lぐらいが感覚で言えば今までの半分ぐらいの時間でいっぱいになるので、確実に効率アップです。現在家族が入院していて仕事の合間に病院に通うので忙しく、15分しか水替えの時間はない!という日が毎日続いています。
落ち着いて水槽をさわりたいです。

魚の整理

昨日,小学校へ行く機会がありました。そして,さりげなく中庭の池が水のみで魚などがいない空の状態であることを確認。通りがかりの校長先生にさりげなく「先生,中庭の池に金魚を入れてもいいですか?」と聞いてみる。
「冬なのに寒くないでしょうか,大丈夫ですけど」との色よいお返事。
「やったぁ,魚の整理ができる!!」

殺すには忍びないサイズになりつつも,鑑賞にも繁殖にも向かない魚たち。
やっと整理ができそうです。

ヴァレンタインデー

今日はヴァレンタインデーですが,日々追われていてチョコレートを用意しておりません!
というか,私は食べず嫌いでチョコレートが嫌いなので,もともとテンションが低い。今日気が付いたぐらい。
去年は,zoologyという会社の,カエルチョコ(たしか,カジカガエルとヒキガエル)をたくさん買ってみました。
が,たぶん喜んでくださったのは,チョコ好きのわが子とカエル好きの友人とinabouさんぐらい。

チョコカエル

こんなときに,「良い金魚のチョコレートないかなぁ」と皆さん思いますよね?
金魚好きの方に配るならと思って。毎年,この時期金魚のお菓子型などを探してみるのですが,いまひとつ良いのがないんですよね。子供っぽい金魚になってしまって。リアリティが欲しいですよね。

良い型をみつけたらそのうち穂竜愛好会の横のあたりでテントを出して,金魚のクッキーとか,和菓子の金魚羹とかとコーヒーやお茶をのめるミニ喫茶コーナーをしたいなぁ。と妄想しつつ,たぶんしばらくは裏方として忙しいので無理ですが,そのうちトライしたいです。

春に向けての産卵スペース確保

春には金魚は卵を産みます。
ご自宅の室内に水槽がある方,手持ちの金魚を整理して水槽をあけておきましょう。
最低でも60cm水槽2本は空にしたいですね。

「と,言われても... 室内に,60cm水槽2本しかないけど。」というあなた。また,
「60cm水槽をあけたら,今いる魚はどこへやったらいいの?」というあなた。

とりあえず臨時の産卵のスペースを作りませんか。

用意するものは,ざっくり以下のもの。春になる前に用意しておきましょう!
1)網戸のネット
2)40Lのプラ船 少なくとも4つぐらい
3)100Wのヒーターとそれをつなぐサーモ
4)ホースとストーンと分岐するエアコック
5)電源

1)網戸のネットは,こまめな方なら今のうちに新しいものにご自宅のものを張り替え,古い網戸のネットをよく洗っておきましょう。ちなみに私はこまめではありません。春に親がはいっている水槽に沈めておけばそこに沈んだ卵をキャッチ。水槽の砂利などは卵がついて面倒ですから,産卵には何も入れないシンプル水槽おすすめです。

2)40Lのプラ船:モルタルなどを練る緑のプラ船。とりあえず不要な時に重ねられた方が収納にこまりません。
hoboten2010.jpg
これに,半分ぐらい水を入れて,上からみれば十字になるよう積み重ねると,省スペースで稚魚を育てることができます。60cm×60cmのスペースです。プラ船は丈夫ですから積み上げてもOK。
産卵行動後,卵がついた1)の網を入れてもよし,産卵しそうなペアをプラ船に入れておいてもよし。
オスを変えて舟ごとに試してもよし。
ここのポイントは40Lであること。持ち運びの時は水を半分ぐらいにしておくこと。半分水を入れても20L=20kgですからね。60Lだとこのあとの水替えでふらつき,室内での惨事が目に浮かびます。

エアは必ず使ってくださいね。
また,孵化に向けて水温を安定させたいので,ヒーターをつなぐことをお勧めします。
私は,100Wのものを3本,300Wのサーモにつないだものを2セット使っています。

これで,産卵は大丈夫。
でも,水槽整理が後に延ばされただけで,この後大量にすくすくと育つ稚魚をどこに入れるかまた悩む日々が始まります。こうして,次々と魚を入れる入れ物が増えるのでした。

床直し

今日あたり,またちらちらと雪が降っており寒い日ですが,今日は春に向けて床直しのお話をしたいと思います。
床直しとは,ずばり産卵に向けての準備です。産卵の日の1か月前ぐらいに,プラ船などの苔をゴシゴシと洗い,古い水と新しい水を半分ずつぐらいに割って,徐々に産卵に向けて準備を整えます。
「古い水は網で濾す」とありますが,私は性格がずぼらですので,きれいそうな上澄みと魚だけを別の容器にとり後はゴシゴシと洗って流しました。秋にアオミドロもとったのに,また結構びっしり生えているものです。
ここから水温が10度を超えてきたら少しづつエサをやりますが,私は冬もやっているのでいつもと変わらずエサをやり,汚れれば水を変えていきます。
3月は近いですね。

Appendix

魚フォト

穂竜 変わり竜の写真です

全記事表示リンク(過去記事はこちらから)

全ての記事を表示する

検索フォーム

にほんブログ村PV

にほんブログ村PVランキング

Extra

プロフィール

穂竜愛好会京滋G

Author:穂竜愛好会京滋G
赤穂の地錦魚 穂竜・変わり竜 を飼育する穂竜愛好会の
京滋Gメンバーのブログです。穂竜のほかにもさまざまな金魚を中心にブログに書きます。

最新記事

カレンダー

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

カウンター