Entries

スケジュール

昨日,赤穂にて役員会が開催されました。
私は仕事で欠席させていただきましたが,今年(2013年)の予定が決まったそうですので,みなさんスケジュール帳を開いて仕事の都合をつけましょう!!

5月第3土曜日 2013年5月18日 二歳会(2012年生まれの穂竜,変わり竜を持ち寄ります)
7月第3土曜日 2013年7月20日 研究会(2013年生まれの穂竜,変わり竜を持ち寄ります)
 ホントに春の出産がうまくいくことを願いますよねぇ。
10月第3土曜日 2013年10月19日 第7回品評大会 
 当歳(2013年生まれ)と二歳,親魚が集います。ここまでこけたりせず,すくすく元気に大きくしておきたいですねぇ。
スポンサーサイト

蘭ちゅう秘伝

前回ご紹介の本は,写真を載せようと思っていたのですが,人に貸していて手元にありませんでした。

今日は,『蘭ちゅう秘伝』をご紹介します。
DSC05516.jpg

こちらも古本で購入。
ここでみなさん,「Sさんはらんちゅう好きか,少なくてもらんちゅうの見方を分かっている。」と思ってはいけません。ほんまに,らんちゅうのことは全く分かっていません。が,らんちゅうについて熱く語っている本や人は好き。やはり金魚界の王道ですからね。書籍もらんちゅうに集中しがちです。

DSC05517.jpg
写真も,こんなな感じで,白黒だったりするのですがきれいな魚たちの紹介があります。

そして,今となったらああなるほどと思う,魚の不具なイラスト。
DSC05518.jpg
このあたり専門用語「片落ち」「尾心倒れ」「帆柱」などが書いてあって,ああこういうのがと,わかりやすいです。

さらにもっとも好きなコーナーは,らんちゅうを育てている方の熱い対談。
DSC05521.jpg
上に書いてあるような良い魚の条件や,ちょっとした苦労話などがあって,なんだか読んでいるだけでらんちゅうって良いなぁ。ええ魚をつくらなあかん。と任侠映画を見た後の,肩で風を切って出てくる影響を受けやすいお客さん状態。

冬のお暇な時期はもう少ししかありませんよ。さあ,読書しましょう!



蘭鋳花傳

冬場ですので金魚本の紹介します。
『蘭鋳花傳』

私は,この本を「信行堂」さんという京都の東大路鞍馬口通り付近にあったらんちゅう屋さんで買いました。
(過去形なのは,現在は場所を移されて京都宇治の郊外笠取に移転されました。2013年3月1日より、「宇治笠取らんちゅう園」としてオープン予定だそうです。)

さて私は,いつも赤虫を買いにその店にはお邪魔していました。いつもは販売用の書籍はおいておられなかったのですが,あるとき棚に「中古本」と価格が表記されたこの本が。
「お客さんが,「らんちゅうが欲しいけど,金がない」といって代わりに本を置いていかはったんですわ。」
「よっぽど魚が欲しかったんやろね。」価格は,本の定価の半分ぐらいだったのかな。
書籍好きですので,らんちゅうは1匹も家におらんけど買いました。

話の中身は,らんちゅう界の巨匠の話や,昭和の時代の金魚の飼育なのですがとても楽しめます。
たぶん2年前ぐらいだから,「やっぱりらんちゅうの世界の良し悪しって難しいなぁ」という本です。
やはり少し中身は専門的ですので,愛好会にはいってなくても金魚がかなり好きという方ぐらいにおすすめです。

すいません 水替えできませんでした

今日は朝から忙しくて休みの日でしたが、水替えできませんでした。
昨日いっていた稚魚水槽も、水替えして2日目です。
S-sDSC05515.jpg

とりあえず、汚れた稚魚水槽です。

里親Tさん デジカメ落とす

新品のカメラを落とされたという(ほんまにご愁傷さまでした)里親Tさんからメールをいただきました。

「新年早々、購入間もないデジカメをらんちゅうの舟に水没させ、2時間くらい気付かずにいた自分のアホさ加減に凹んでおりました。ただ、我家の魚達はすこぶる好調、みんな元気です。残念ながら今日は写真はありませんが、メールさせて頂きました。
実は、現在の我家の水槽、舟(室内)は金魚、熱帯魚を問わず、繁殖稚魚から成魚まで全てスポンジフィルターで管理しております。スポンジフィルターの品質等にもよると思いますが、上部フィルターや外部パワーフィルターを利用していたときに比べ、ちょっと怠けても急激なPH降下からの突然の水槽崩壊等も無くなり、格段に病気も出なくなり、稚魚の歩留まりにも良いように思うのですが如何でしょうか?」

おお、そうなのですね。ありがとうございます。
外部パワーフィルターよりも効くのか。
私の稚魚水槽、また明日でもアップしますね。

金魚袋

金魚と関係ない話です。

昨日は休みで、味噌を作りました。
圧力鍋にかけた大豆を潰すのですが、今年は例年になく大量に作りましたので、大豆を「金魚袋」に入れて足で踏んで作りました。金魚袋、超優秀です。
厚みがあるので、数十回に及ぶ豆つぶしにもめげず、袋は作業に耐えてくれました。
さらに、味噌を袋につめてこのまま夏まで保存です。

実は金魚袋を漬け物をつけるのにも愛用しています。
さすが厚みが違い、ちょっとやそっとじゃ破れませんよ。miso.jpg

排水の道具

みなさん、室内で飼育されている金魚の水替えのときに排水に何を使っておられますか?
灯油ポンプのような蛇腹部分がついた、手動の魚の水替えポンプを使っておられますか?

私は、全水替のときは、洗濯機用の排水ホースでいっきに水を玄関先から流すのですが、魚を入れたまま半分だけ、また9割だけというときは、上記の水替えポンプを使っています。
洗濯機の排水ホースで吸うと、えらい勢いで排水されてしまい、魚も一気に吸い込まれそうになりますので、セコセコと水替えポンプで吸うのです。

さらに、ある程度魚のグループによって、道具を共有しないようにしています。
お店から買ったので、もしかしていろんな菌の保菌者?という魚グループ。
我が家生まれで、菌はないよねという魚グループ。
もう、2,3年過ごして、病気もしたこともあるけど今は、S家になじんだ常連さんグループ。
ということで、バケツや水替えポンプも数種類使い分けているのです。(もちろん、過去同じバケツでパーッと病気が蔓延し、手持ちの魚が半分以上死ぬという経験があるからです。)そして、そのうち1つが蛇腹が裂けてこわれてしまいました。

だいたいみずかえ排水ポンプは、ホームセンターで購入なのですが最近忙しくて、ネットで買おうと思い昨日検索しました。
貝沼産業のフィッシュポンプDX。使ったことないけど、よさそう。
しかしGEXのクリーナーポンプは、耐久性が良い。今使っているが、確かに長持ちしている。
え、100円ショップの灯油ポンプとペットボトルで自作。
結局、ポンプひとつで1時間近く悩んで買いませんでした。

里親Sさん 1/13

2013011319360001.jpg
里親Sさんより、1/13に成長の報告メールいただいていました。転記が遅れてすいません。

「新年二回目の水変えは仕事のために(^-^;夜替えました、6匹とも、来た時よりも、サイズアップしたコ、肉瘤が上がったコと成長を感じてます(∩∇`)このまま春まで元気でいてほしいです、

あとスポンジフィルターの効果で週一の水替えでも問題ないみたいなので、餌の回数を増やすか思案中です。」

今Sさんは加温中ですから、餌を増やされても良いと思います。

私は立地Kさんからの稚魚を私も60cm水槽&スポンジフィルターで飼育中ですが、3日に1回の9割水替えに疲れてきたことと、サイズも大きくなってきたので上部濾過に替えようかと思っています。加温中は春夏のようにガンガン餌をやっています。

DVD編集が進んでいる模様

第6回穂竜愛好会品評大会のDVDが着々と進んでいる模様です。
inabouさんの「外虫魚図」にDVDのCMでています。
もちろんYoutubeでも。ぜひ御覧下さい。

昨年のDVDは、いつもパワフルな常任理事が、仕事の後にコツコツと編集をして作成して下さっています。
ありがとうございます。

品評大会に参加できなかったみなさんも、ぜひ買ってくださいね。
今回はCMで係員だった2人が動画も写真もばっちり押さえてますので、泳ぎがわかっていただけると思います。

今日も寒い

今日も寒いです。玄関先水温 朝9度。屋外5度。
エサの食べ残しとフンをとって、エサをまいておきました。

まずは、鱗あれの魚のみなさん、元気です。12月になるまで屋外でいたので、少々寒くても大丈夫。
DSC05495.jpg

変わり竜。お肌の地色が充血気味なのと、ぜんぜんふつうなのと。
DSC05499.jpg

大きめの当歳。手前の角がこけている魚。もう起き上がれない様子。
DSC05497.jpg

屋外の舟。とりあえず、緑です。
DSC05500.jpg

寒くても、たまにはエサをやる派の私でした。

Appendix

魚フォト

穂竜 変わり竜の写真です

全記事表示リンク(過去記事はこちらから)

全ての記事を表示する

検索フォーム

にほんブログ村PV

にほんブログ村PVランキング

Extra

プロフィール

穂竜愛好会京滋G

Author:穂竜愛好会京滋G
赤穂の地錦魚 穂竜・変わり竜 を飼育する穂竜愛好会の
京滋Gメンバーのブログです。穂竜のほかにもさまざまな金魚を中心にブログに書きます。

最新記事

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カウンター