Entries

病気 えら病

「金魚がボーっとして浮気味」と相談を受けましたので,「えら病」かも?と思い,私の場合の対処法を書いておきます。私の場合ですので,あくまでも参考程度でお願いいたします。

「この時期元気な魚は、中層から下層あたりをウロウロしていますし。1匹だけならその魚だけが調子悪いというのもありますが。
まずは全部水替え。さらに2,3日に1度全部水替えして、0.5%の塩を入れて見る。
餌は切る。
エラ病かなと思うのですが、エラの動きを観察してみてください。
片方だけうごいているなど,エラ病が疑われる動きなら、薬(観パラ、グリーンFゴールド、リフィッシュ)を使われてもよいと思います。」

と前回の「赤班病」とたいして変わらないアドバイスでした。

えら病って難しいです。
魚の回復を祈ります。
スポンサーサイト

新シリーズ:金魚の本 金魚80品種カタログ

冬になってきて,本を読む時間ができてきましたので,金魚本の紹介をしたいと思います。
当愛好会顧問の杉野先生が書かれた「金魚80品種カタログ」です。
これは,確か金魚の本を買い始めて2冊目に買いました。
s-DSC05064.jpg

何が良いって,いろいろな魚の写真がきれいに載っていて,「飼ってみたいなこんな魚。」と思わせるページがふんだんにあることです。「新しい品種」のページ心惹かれますよね。
s-DSC05065.jpg

尾が,色が,あまり見たことがない魚って,すごーい,楽しい!
カタログを見る楽しさかな。

もちろん,穂竜と変わり竜も紹介されています。
s-DSC05066.jpg

文章にして読むと,改めて会長が作り出された魚のすごさ,品質の高さが分かります。


穂竜 里親募集 会員様限定

冬越しに向かい少し水槽の整理中です。
『穂竜愛好会に入られたものの魚がいないとか,うっかり死んでしまって今1,2匹。または全滅』という会員の方を優先して,練習用に穂竜当歳をお分けしたいです。

「鱗並びが悪い」「えらがまくれている」「大きさも小さめ」と欠点を探せばきりがない魚ですが,基本病気知らずの元気な魚たちです。次の良い魚を飼う前の練習にしてください。

<募集条件>
・穂竜愛好会会員
・現在,穂竜がいない。または1,2匹。
・60cm水槽を基本に考えています。6匹ぐらい送りたいです。
・4月ぐらいまで,病気になったり死んだらすぐ相談してください。(ブログのネタにしたいです)
・飼育者の方のお名前は出しませんが,病気の相談や死んだ場合ブログの記事にしても良い方。また,そのために写真を送ったりしていただける方。

募集はとりあえず12月3日までしています。
お気軽にお問合せのメール,お申し込みのメールをください。

horyu.keiji.gあっとまーくgmail.com
あっとまーくを半角の@にしてくださいね


ビックカメラのカレンダー

街角に年末の雰囲気がただよい,ご家族そろって買い物などに行かれるこの時期,手に入れていただきたいおすすめのカレンダーがあります。ポスタータイプの無料のビックカメラのカレンダーです。
なんと日付の横に月の満ち欠けが書いてあるのです。

写真ではわかりにくいですが,日付けの横に月の絵がかいてあります。
img_68296_62514612_0.jpg

すごーい!むちゃくちゃ便利!大潮の時期がばっちりです。
さらに,日本地図がついていますので,「赤穂ってこのあたりかぁ」「来年は埼玉の加須に行きたいなぁ」と,地図をにらみながらの旅行計画もたちます。
ぜひ,家族の買い物のついでに大型量販店によって行きましょう。

病気 赤班病

金魚飼育をされているとき,赤班病はよくある病気だと思います。
餌のやりすぎ,過密飼育?いずれにせよ,水質悪化。
「ひれや皮膚が赤くなっている。」
透明鱗の素赤の金魚とか見つけにくいんですよね,

今回は,赤班病についての質問をうけたので,私の場合の対処をお知らせします。
(対処については人によって違いますので,あくまでも参考程度にしてください)

赤班病,エロモナス菌 は敵です。
しかも,特別な病気ではなくどこにでもいるよくある菌です。
水質悪化などで,いきなり発症。
以前よくなっていました。

とにかく赤くなった?と思ったら,水を変えます。
この時,水槽でもし砂利や濾過をしておられるなら,砂利やフィルターもよく洗うか交換。
温度さえだいたい合わせておればいいやで,新しい水を入れて金魚を入れます。
その後0.5%になるように,60L水槽なら300gぐらい塩を入れます。

これで,私の場合は絶食。2,3日して半分ぐらい水替え,よくなっていたら少しずつ戻す。

薬を使う場合は,黄色くなる薬,エルバージュかグリーンFゴールドか観パラなど。
私は以前は好きな薬は観パラDだったのですがお値段も結構良いので,エルバージュの100g入りのオレンジの袋のものを使っています。薬を入れるときは,フィルターや活性炭を外しておきます。

薬浴用の砂利など何も入っていない水槽に魚だけ入れておいても観察しやすいかも。
寒くなってくると困りますので,とにかく早め早めに治ってほしいです。


水槽掃除

今日は,気合いを入れて掃除だ!!と朝から玄関先の水槽掃除に取り組むも,ご近所の掃除に巻き込まれて中断してしまいました。落ち葉掃除がこの時期大変。
さて、今回洗うのはこの水槽。
DSC04999.jpg


細かい魚がいっぱいなので、あまり掃除をしていないのですが今回は魚を全部掬いだしてみるとこんな感じ。
DSC05000.jpg


たわしで洗って,魚と水をもどすとこんな感じ。

DSC05018.jpg

魚が見えるようになりました。
これは、青錦(青系朱文金)です。

DSC05016.jpg


少し整理が必要ですので、里子に出します。
御興味のある方おられたらコメントを非公開にして連絡下さい。お譲りします。

今さら聞けないこと その4 苔落とし 

屋外のジャンボたらいですが、今日2本苔を落としました。
今さら聞けないことその3に「苔は適当で、アオミドロしか落としません」と最近書いたばかりで恐縮ですが、「冬に青水をキープするためには苔を今落としておく。」と聞き、スグ落としました。

良い苔を残すという方もおられるし、苔は全部落とすと言う人もおられるし。
餌は冬はやらないと言う人もおられるし、暖かい日はやるという人もおられるし。

それぞれの方の環境によるのでしょうが、明日は残りも洗って写真に載せます。

大和郡山 やまと錦魚園 素人セリ市

大和郡山 有限会社やまと錦魚園の素人セリ市が,2012年12月2日に開催されるそうです。

やまと錦魚園
奈良県大和郡山市新木町107
0743-52-3418
地図

この日は,(冬眠前の池の整理かな?)愛好家のみなさんが魚を持ち寄り,集うお客さん(素人,金魚好き)が魚を買うという「テンションがあがる」イベントです。
私も2年前にお邪魔して,とても楽しかったです。
出品される魚はいろいろですが,2年前はらんちゅうが多かったですが,まだ色変わり前ぐらいのちびっこ蝶尾や,尾が張ってすてきなオランダや,六鱗の子もいて,手ぶらで帰るためにはかなりの自制心が要ります。
ちなみにそのときは,水槽のあきぐあいも気にせず魚買いました。

今年はまたお邪魔するつもりです。今年はその前に少し水槽を整理して準備しておきます。
さあ,みなさんも素人セリ市に行き,金魚を飼おう!

冬に備えるという名目のオフ会

冬に備え,Tコーチ宅にお邪魔していろいろと教えていただきました。
Tコーチは忙しいかたですので,11月に入ってもまだ金魚シーズン中です。
そんな中無理を言って冬に向けての水づくりなどをお伺いしました。

s-DSC04953.jpg

写真ではわからないのですが,うすーい青水になっています。
これぐらいの水でも,日中2,3時間あるともっと濃い色になるそうです。
青水になっている水槽も見せていただきました。
外から魚の様子があまりわからないので,水の泡の泡切れで水の状態を見るとか教えてもらいました。

その後,オフ会に流れ金魚雑談会となりました。Tコーチありがとうございました。
s-DSC04998.jpg


今さら聞けないこと その3(植物性のエサ)

金魚に植物性のエサをあげたことありますか?
主に,容器につく1)コケ 2)浮草 3)水草 4)野菜 5)野菜系餌
私は,1)から5) 全部あります。

1)コケは基本適当です。あまり舟や水槽をきれいに洗わないというのはただのずぼらの性格です。アオミドロがでたらごしごしとります。

2)浮草: 穂竜愛好会の品評会に行くと,たまにミジンコ浮草を会長から分けていただけることがあります。
これは,名の通り2mm程度のとても小さな浮草で,金魚に良いのですがなかなか自宅で増殖させるのは難しいです。金魚にやると半分ぐらいフィルターに挟まり,半分ぐらい食べていつの間にかなくなります。
田んぼなどでよく見る浮草アオウキクサかな?(小型のタイプ)も,金魚にやります。
これは同じように浮かべておいても,一瞬で食べつくす金魚(長物チーム,琉金チーム)と,まったく食べない穂竜たちがいます。穂竜は,たべませんねぇ。水槽がアオウキクサで覆われます。

3)水草: 今年松藻を試しました。割とおススメです。水草専門店で売っていました。ニッチな専門店が成立するんだなぁとびっくりしました。通販もしておられましたよ。松藻の土がいらないところと外来種でないところが気に入りました。穂竜水槽に入れておくとどんどん増えます。彼らはあまり食べませんから。しかし,我が家の長物金魚は,腹が減っているのでしょう。あっという間に茎だけにします。
その前は,金魚屋でよく売っていた,アナカリスやカボンバを入れていたのですが,いまいちでした。
以前,夏に泳ぐついでに琵琶湖でアナカリスを取って舟に入れていたらいつの間にやら,淡水魚が孵っていてびっくりしたこともありました。
ホテイアオイも夏の日よけとして気に入っているのですが,毎年冬を越せずに終わります。
ウィローモスは餌や糞がからまるので,今ひとつでした。

4)野菜: かぼちゃをあげれば色があがるってよく聞きませんか?金色がきれいになるらしいですよ。
そのほか,ビタミンついでにホウレンソウや小松菜もあげました。穂竜の食べっぷりは微妙かな?
カメとかザリガニにあげるついでにやった程度です。
そのほか,大根おろしの汁のアミラーゼが良いとか,青汁が良いとか,○○酵素が良いとか。水を汚れるのを覚悟でやってくださいね。餌をねるつなぎに入れました。

5)野菜系餌: これも食いつきは今ひとつですが,健康に良いやろ!という程度に混ぜております。
子どもと同じみたいですね,野菜の食い付が悪いわ。赤虫はパクパク食べるのにねぇ。
クロレラの錠剤もあげていたなぁ。大型の金魚は,パクパク食べていました。

急に寒くなってまいりましたので,エサは主に低水温用のものなのですが,冬も野菜を食べておけ!と野菜系餌を混ぜておく”母親心”のグループ長Sでした。


Appendix

魚フォト

穂竜 変わり竜の写真です

全記事表示リンク(過去記事はこちらから)

全ての記事を表示する

検索フォーム

にほんブログ村PV

にほんブログ村PVランキング

Extra

プロフィール

穂竜愛好会京滋G

Author:穂竜愛好会京滋G
赤穂の地錦魚 穂竜・変わり竜 を飼育する穂竜愛好会の
京滋Gメンバーのブログです。穂竜のほかにもさまざまな金魚を中心にブログに書きます。

最新記事

カレンダー

10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター