Entries

第19回金魚日本一大会 その4

金魚日本一大会のお楽しみのひとつは、人に会うこと!と思っている、社交派 グループ長Sです。

今回の弥富では穂竜愛好会の顧問の先生と、理事の先生と、新入会員のかたと会うことができました。

金魚のことがよくわかる本  かわいい金魚 (アクアライフの本)金魚のことがよくわかる本 かわいい金魚 (アクアライフの本)
(2012/07/31)
杉野 裕志

商品詳細を見る


顧問の杉野先生の著書です。金魚本コレクターの私は、今回はサインをいただいてきました。
写真が上見やカレンダー用水槽横見だけではなくて、金魚の特徴を捉えたナイスショットが素敵です。写真は厳選されたと言っておられました。
また、ところどころのコラムも面白いので、たんなる品種紹介ではなく、読み物としてもおすすめです。

そして、理事のパパ様と、今回念願のマグカップイラストを描いていただいたひよこママさんにもお会いしました。ひよこママさんは、パールを出品されていました。マグカップの披露はまた次回までひっぱっておきます。

20121028_7460.jpg
とってもわかりにくいですが、画面左端の黄色っぽい服の人がひよこママさん。

そして、新入会員の金魚娘さん。可愛らしいお嬢さんと一緒に会場にお越しいただきました。
上の写真中央部の愛好会メンバーを「ジェントルマン」とほめていただいています!

そして、なかなか入会したけれど赤穂まで来られない、東京のKさんとか。

他にも、お友達のお友達で『Gyoogle』の筆者の方とかにお会いして質問とかしちゃいました。いやあ、金魚の世界って狭くて楽しい。

あまり記事に魚の写真が無いので最後に、当歳の部の日本一大賞のオランダシシガシラを載せておきます。20121028_7651.jpg
鹿の子柄が、かわいいですね。
スポンサーサイト

第19回金魚日本一大会 その3

金魚日本一大会の大きな楽しみは、「普段なかなか生で目にできない魚種が見られること」と思っている、グループ長Sです。
個人的には、フナの原型に戻るタイプの魚(例:背びれが無い魚種の、背びれ有りとか帆柱とか、開き尾ではなくフナ尾)よりも、だんぜん新型が大好きなのです。
また、大きな親魚が見られること!も楽しみの一つです。
今回は、順位とはあまり関係無く、おもしろいと思った魚の写真をのせます。

こちら五色東錦
五色東錦
色めずらしぃ。あまりこの体型には普通食指がうごかないのですけど、むっちゃひかれます。

九紋龍
九紋竜
飛び出し防止に網がかかっているので良く姿がみえないのですが、鯉みたいな名前、色合い。
長物って楽しいですよね。

ジャンボ賞の黒い和金型魚
黒いコメット
鯉のハイブリッドかな?と思ったり。写真ではお伝えできませんがとりあえず黒い、そしてでかいのです。

青竜羽衣 敢闘賞もらってますね。
20121028_8003.jpg
ちょうど色変わりの途中かな。良いタイミングです。

白黒のランチュウタイプ 珍魚賞
20121028_8008.jpg
これで、尾がよければもっともっと好みなんですけど。白黒って良いですよね。

白勝ち更紗の土佐金
20121028_8019.jpg
写真ではわかりにくいのですが、濃い赤なんです。
飼育者の人に、あれこれ教えてもらいました。金魚の女王は結構スパルタ飼育を耐え抜いたタフガイでした。(オスなので)

あれやこれやと、みんなが持ち寄るのが楽しいです。
金魚日本一大会は、魚1匹1500円でだれでもエントリーできますしお弁当もついてますよ。
2匹以上出品すれば、もれなく金魚カレンダーも。
そして、入賞すれば素敵な賞品も。
詳しくはweb

お子様には金魚すくいも充実して楽しそうでしたよ。結構、すくえなくて残念でもいただける魚を組合の係の人に「あの魚欲しい」と指定で袋詰めしておられましたよ。
20121028_7470.jpg
20121028_7471.jpg









第19回金魚日本一大会 その2

昨年は、その他の部門が1つだけだったため、ブリストルや東海錦やブロードテールなどの強力なライバルを押しのけて五花竜が親の部で勝ったときは嬉しかったのです。あらためてポスターに載る五花竜をアップ!

20121028_7568.jpg

今回、その他E親部門優勝は、桜高騰竜眼でした。
20121028_7631.jpg

あたまがモコモコして重たそうですね。正面から顔を見たかったです。
「あ、パール鱗じゃない!」と思ってしまうのは、軽い穂竜病です。これでパールが載っても面白いなぁ。と思います。他にも親魚その他部門には三州錦がいました。

さて、パールと言えば、今回変わった魚がいました。
ランチュウ浜錦
らんちゅう浜錦です。

パールらんちゅうといえばそうかもしれませんが、頭が浜錦みたいでかわいかったです。
らんちゅうファンからは嫌われがちなパール鱗ですが、結構この魚に注目している方が多かったです。

一応、最後に日本一大賞のこれぞ東錦という魚を載せておきます。20121028_7905.jpg

ああ、写真を撮るのがの下手ですね。尾に光が入ってしまいました。
ただ、頭に赤、背に浅葱、しっぽの蛇の目がきれいに出ていましたよ。静岡の大会でも優勝した魚らしいです。

「金魚娘」さんリンクしていただきました

昨日、穂竜愛好会に入っておられる金魚娘さんに、弥富の日本一大会でお会いして、リンクに追加させていただきました。女子系ブログ増える!

第19回金魚日本一大会

今日は雨の中、コメントの返事が遅い斬込隊長と感想文を書く場所を間違える番長と●●さん(ブラックまるまるさん)とG長の安全運転で乗り合わせ、弥富の金魚日本一大会に行ってきました。海南こどもの国公園は、晴れていればお子さんの楽しめる遊具がいっぱいあるのですが、あいにくの雨でローラー滑り台も、足こぎボートもお休みです。うーん残念。
そのかわり、駐車場は比較的空いておりました。

今年より、その他の部門が充実していました。
その他A(和金型)、B(琉金型)、C(オランダ型)、D(ランチュウ型)、E(ABCD以外)
穂竜は、その他E部門になります。昨年まで、その他部門は激戦区でしたから、今回その他部門が5つに分かれたのは穂竜には受賞チャンスアップ!です。

朝から運転して疲れたので、穂竜愛好会のメンバーが出品した魚をアップしておきます。
コメントはまた後で足します。

20121028_7533.jpg 親魚 その他部門E 2位 黒青竜
20121028_7532.jpg 当歳魚 その他部門E 1位 五花竜 

20121028_7537.jpg 2位 穂竜 

20121028_7540.jpg 4位 穂竜

第6回穂竜愛好会品評大会 レポート6

丸一日たっても、「コメント返してね」の指示も「ブログに書き込みしてね」の指示も無視されている、グループ長です。オロローン、オロローン。

さて、明日は「金魚日本一大会」もありますので、品評会大会ブログも書き上げておきます。
いちはやく、「外虫魚図」さんと「金魚ビギナーですが、何か?」さんの方では、品評会のほうがおもしろく、また詳しくのっていますのでぜひ一読してくださいね。そして、金魚ビギナーですが,何か?さんのブログでは、@まつやまさんのブログファン、ブログ友のかたに穂竜ネタで温かいコメントいただいていますので、読んでて癒されます。

さてさて、表彰式です。
2012品評会22
2012品評会23

赤穂民報
さんのところに、3部門3位までお名前が載っていますので、写真はどの部門か秘密にしておきますね。あれ、一部門写真取り損ねてます。すいません。

協賛いただいた各社より、素敵な副賞を数々頂戴しています。皆様有難うございました。

2012品評会25

神畑養魚場様 (いつも会に来ていただき、有難うございます。袋詰めプロの技です)
キョーリン株式会社様 (えさの説明とっても勉強になりました。赤いパッケージのやつ買い込みます)
三卯養魚場様 (個人的に餌などいつも購入させていただいています。これからも会をよろしくお願いします)
株式会社阿蘇熱帯魚様 (このシーズン、こだわり赤虫買い込みました。来年もよろしくお願いします)

2012品評会24
兵庫県知事賞、兵庫県議会議長賞などの素晴らしい盾とトロフィーを手に写真撮りたいですね。
協賛いただきました神戸新聞社様のページの右上の検索覧より「穂竜」とキーワードを入れてみてください。過去記事出てきます。

2012品評会26
今回、最後の片付けまで残ってくださった方々です。有難うございました。影が長く伸びていて夕方になっていますね。特に北海道からおこしいただいたKさん。はるばる遠方よりおこしいただき有難うございました。
また資金を貯めて、年に1回のお祭り騒ぎですからぜひおこしください。

今回、会長賞をいただきましたので、次回金魚小物のカテゴリにはじめていただいた「ひよこママ」さんのイラストのマグカップのネタ上げます。

第6回穂竜愛好会品評大会 レポート5

いよいよ、大きな洗面器が登場したら、こちらは親魚の審査になります。

2012品評会17

この真剣かつ楽しそうな表情をご覧ください。
やはり、「当歳魚は通過点、二歳魚、親魚と魚を創り上げる!」と理事がおっしゃっておられたように、魚を創る難しさ楽しさは2歳でさらに深まるのでしょう。
また、私は個人的には、小さくて可愛い金魚より、しっかりした大きな金魚がより好みです。

2012品評会16

親魚になると、黒色が増すことも多いのですが、尾も伸びて良い感じですね。

さて、斬込隊長T氏の初ブログに気をよくして、親魚の感想は番長Y氏に書いてもらおう!と勝手に思い、先に1位から4位の写真をあげておきます。
写真が悪いのはご容赦ください。

以下、番長の文章が入ります。しばらくお時間ください。

10/28:番長の感想がコメント覧に書かれているので転記しときます。G長S。(;´д`)


入賞魚に対しコメントできる様な立場ではないのですが、指示がありましたので一言づつさせていただきます。
2012品評会18

優勝魚は、他の穂竜に比べ断トツで迫力があり素晴らしいですね。

親準優勝

2位魚はなんと言っても穂竜独特の金色が良いですね。

親3位

3位魚、4位魚は画像では伝わり難いですが、全体的なバランス、丸み、肉瘤どれも良いですね。

親4位
上位魚はどれも泳ぎが軽やかで優雅に泳ぎますね。

第6回穂竜愛好会品評大会 レポート4

穂竜当歳魚の部門をご紹介します。
今年は、本当にレベルが高くなり、ぱっと見て「ええ、当歳魚でこんな大きくなるの!!」と驚かれたかたも多かったと思います。
会員1「何食べさせたら大きくなるの」
常任理事&グループ長S「えさ!!」
ほんまに、餌と水替えの戦いです。

特に今回の優勝魚はぱっと見て「これ当歳!!」と思うサイズと優雅な見た目でした。
ここからは、音信不通と思われている斬込隊長T氏によるコメントです。
初コメントなのでみなさんお手柔らかにですよ。


2012品評会優勝魚
斬込隊長Tです。G長からのご指名により独り言をつぶやきます。
まずは優勝魚です。写真では少し斜めにとられているのでわかりにくいですが、尾の張りが抜群です。
身体も大きくて丸くバランスも良いのでかっこいいですねぇ~
大きさは実物を見たらびっくりしますよ。

2012品評会15
次に準優勝魚です。この魚も尾は非常良いと思います。穂竜の標準色で身体も丸く良いと思います。
でもね優勝魚に比べて少し小さいのです。魚の雰囲気の押し出しが弱いかな。


2012品評会13
3位の魚です。この魚も優勝魚に負けずに大きいです。優勝魚と同じ水槽で飼われていたので、魚の雰囲気も
よく似た感じになっています。実物の魚はもっと青い面積が多かったように思ったのですが。

こんばんわ

こんばんわ、まったくメールを返さない京滋G斬込隊長Tです。
連絡のつかないこまったちゃんなので、ときどき登場致します。

第6回穂竜愛好会品評大会 レポート3

朝10時、会長の挨拶に続き、赤穂市 豆田市長からの電報が読まれ、審査スタートです。

2012品評会08

今回からは出品数も増えたため、審査スタイルが変わりました。
魚をまずぱっと見てAからDの4ランクに分けられます。それからAランクとBより気になる洗面器を上げて、じっくり審査が始まりました。

審査変わり竜

変わり竜に関しては、親魚も当歳も同じ土俵での勝負です。
親魚は大きくなった分迫力が出ますが、欠点があると大きく目立ちます。さらに、2歳での柄は薄くなる魚もいるのです。まずは泳ぎ、そして形。さらには柄となっています。


当会、公式広報HPの外虫魚図さんで詳しく載っていますので、こちらでは3位までの写真と、独断でのグループ長Sによる勝手なコメントを述べておきたいと思います。
ちなみに審査員による審査途中でのコメントおよび、会での魚評については、他の仕事を一生懸命していたのでちゃんと聞いていませんでしたので、あくまでも私が取った写真による独り言と思ってください。
是非、会場に来られ、泳ぐ魚と魚評を聞いてください。損はありません。

変わり優勝

優勝は、2歳魚でした。確か、私の記憶によれば、優勝魚・準優勝魚は、はじめはB判定でした。
しかし、じっくり見ればバランスがよく、泳ぎがしっかり泳げていたのでしょう。
2歳まで魚を崩さずにしっかり飼う。とても難しいことだと思います。

変わり準優勝

準優勝は、当歳魚ですので、幼くかわいらしい印象です。
しかし、鱗並びも美しく、尾の蛇の目も綺麗に入っています。
この素直な魚を2歳、3歳と育ててまたぜひ来年は優勝を狙っていただきたいです。

変わり3位

三位は、頭の後ろにポチッと赤が入りますので黒青竜ではありません。
この魚も綺麗な魚で、うろこもきれいに並びます。泳ぎもしっかりしている印象を受けました。


以上、グループ長Sの独り言でした。

ちなみに、常任理事による魚評は言葉でなんとか魚の良さを伝えるため「魚の品格が」「尾を最後までつかいきり」「泳いだときは癖を見せずに」と、「なるほどだからこの魚は良いのか!」と驚くスーパーコメントの連続です。ちゃんと聞いておけば良かったと後悔しております。

次回、穂竜当歳をアップしようと思うのですが、そのときは、1回しか記事をあげていない番長Y氏か、忙しいのでまったくブログに登場しない斬込隊長T氏に、『魚評がわりの独り言』を載せて欲しいなぁ。と思っています。


Appendix

魚フォト

穂竜 変わり竜の写真です

全記事表示リンク(過去記事はこちらから)

全ての記事を表示する

検索フォーム

にほんブログ村PV

にほんブログ村PVランキング

Extra

プロフィール

穂竜愛好会京滋G

Author:穂竜愛好会京滋G
赤穂の地錦魚 穂竜・変わり竜 を飼育する穂竜愛好会の
京滋Gメンバーのブログです。穂竜のほかにもさまざまな金魚を中心にブログに書きます。

最新記事

カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カウンター