Entries

メダカの稚魚と卵をよける

金魚の稚魚を淘汰しているこの頃。
生まれた数が多ければ多いほどすべてを成魚まで育てられませんので、残したい稚魚以外は捨てねばなりません。
私が欲しくない魚は他人も欲しくない。変な魚を穂竜と呼ばれたくない。と思っています。
IMG_6535.jpg
IMG_6537.jpg

そんな中皮肉にもメダカの卵と稚魚を見つけては、別の入れ物に入れる地味な作業を毎日しています。
小さなメダカの稚魚が親に食われてしまうと世代が途切れると思い、1匹2匹とすくっていたらいつの間にか100匹を越える稚魚をすくい出していました。
稚魚はいないだろうなぁとのぞくと端っこに影あり。すくいだすとまた泳ぎだす影あり。卵も藻にくっついていたら稚魚の入れ物に。
もうやめようと思うのに、つい覗き込んでしまうのです。
このメダカ稚魚が全匹成長しても困るんだけどなぁ。小学校などにメダカを持っていこうと思います。

穂竜愛好会の第1回研究会は7月2日(日) 赤穂城址であります。今年生まれの魚を見せあいます。お気軽にお越しください。見学大歓迎。

にほんブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。このブログは穂竜をはじめ金魚を飼うのが好きなSが書いている金魚のブログです。「穂竜」に興味を持っていただいた方,お気軽に穂竜愛好会の掲示板にお問い合わせください。別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

メダカ容器 年に1度の大掃除

蓮の植え替えとともに、メダカ容器の大掃除をしました。
メダカ容器はシーズン中は水草の上に藻がはびこり、スイレンなどを突っ込んでいるため、ドロや落ち葉、藻や草が腐ったものが沈殿しています。
はびこった藻や水草を全部捨てて、スイレンの植木鉢を取り出すと、スネイルやスネイルの卵がくっついています。
流せるものは洗い流して、植木鉢は念のため1日ぐらい外にだしておきました。
残りはドロとメダカ。
すくいだすものの、黒っぽいメダカはドロにまみれて見えにくく苦労しました。
残りのドロは少しずつすくい出して捨てたのですが、ヤゴも数匹紛れていました。

最後のドロにはヒルも入っているのですべて捨てて、洗って乾燥。
水草も藻がくっついていたので捨てました。さっぱりしてメダカもたくさん泳げそうです。

穂竜愛好会弐歳会は2017年5月14日、10時より赤穂城址で開催します。お気軽にお越しください。見学大歓迎。

にほんブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。このブログは穂竜をはじめ金魚を飼うのが好きなSが書いている金魚のブログです。「穂竜」に興味を持っていただいた方,お気軽に穂竜愛好会の掲示板にお問い合わせください。別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

プラナリア

メダカが入っている容器を毎朝見て、稚魚が浮いていないかチェックしています。
浮いていたらすかさずすくって別の稚魚用の入れ物にいれて育てています。
餌も適当にあまったパウダー餌を投入。ミジンコがいたら適当に投入。これで結構稚魚が育ちます。
メダカの稚魚飼育は容易に思えます。

メダカの飼育容器は、ナガバオモダカとガガブタがはいっており、マツモも適当にさらにウィローモスとかベターっとした藻とかいろいろあって、さらに植物の容器には土が入っているのでミジンコもいますがイシビルもけっこうはいっています。水換えはしないので、ヒルもそのままで放置です、最近目をこらして稚魚をみていたらヒルっぽいけど動きが違う生き物を発見。よく見ればプラナリアです。1.5cmぐらいなので小さいです。グレーでねじれた感じです。どこからはいってきたんでしょうか?
ssIMG_0249.jpg

今年新しくといっても、他の容器からうつしたのがガガブタなのでガガブタにくっついていたのでしょうか?
ここ数年、その容器は水も足し水のみですし、それも水道水か汲み置きの水ですので植物経由いがいに浸入が考えられませんが、もしかして、めったにやらない冷凍赤虫かな?
高温になったら死んでしまうらしいので30度ぐらい平気で水温があがりますから真夏にはいなくなると思います。

2016年は穂竜愛好会10周年。会費のお支払いよろしくお願いいたします。会長HPの掲示板のメールマークをクリックして会長にメールを出し振り込む、または会場で直接お支払いもOKです。次回は9月4日(日)、研究会が赤穂城址の近くの公園であります。

にほんブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。このブログは穂竜をはじめ金魚を飼うのが好きなSが書いている金魚のブログです。「穂竜」に興味を持っていただいた方,お気軽に穂竜愛好会の掲示板にお問い合わせください。別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

メダカの人

玄関前で金魚の水替えをしていたのですが,一度通り過ぎたはずの自転車のおば様が戻ってこられて「めだかですか?」と声をかけてこられました。「いえ,金魚です。メダカもこっちにいますけど」
変わり竜を見ながら「あら,すごい金魚ね,これ,らんちゅう?」
金魚を知らない人にとっては,高級金魚=ランチュウのようです。
ヒメダカが入った入れ物を見ながら,メダカをべた褒め。「少し要りますか?」と聞くと,「いいかしら,厚かましいけど5匹。」とメダカ所望でした。
適当に5匹ぐらい入れて,マツモも入れておきました。室内で飼われているそうです。
水量が多いと安定しますよぉ。と言っておきました。

2016年は穂竜愛好会10周年。新年になりましたので会費のお支払いよろしくお願いいたします。会長HPの掲示板のメールマークをクリックして会長にメールを出し振り込む、または会場で直接お支払いもOKです

にほんブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。このブログは穂竜をはじめ金魚を飼うのが好きなSが書いている金魚のブログです。「穂竜」に興味を持っていただいた方,お気軽に穂竜愛好会の掲示板にお問い合わせください。別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

ミジンコが元気だったりで

ヒーターを入れている水槽は、植物水槽だけですので、金魚は寒いところにいるのですが、その水槽にはミジンコがいます。
ヒルもいるけど、貝もいるけど。
ヒルと貝は見つけ次第除去しているのですが、やはり快適なようで増えているようです。
少しだけミジンコウキクサもいれてあるのですが、まったく増えていません。
屋外のミジンコウキクサが死滅したときようのちょっとした保険のつもりでしtが保険になっていないようです。
sIMG_1913.jpg

さて、そのミジンコウキクサが入っていた屋外のちょっとした水槽は、他の藻が繁殖してきたので捨てようとおもってみたら、ミジンコが大繁殖していました。ミジンコにいい環境だったようです。
ああ、じゃあ、もうちょっと置いておこうと、金魚の飼育水などで足し水をしておきました。

外は寒くてもミジンコがんばっています。
産卵はまだ2ヶ月ほど先の予定ですが、なんだかミジンコがいるだけで嬉しくなってくるのでした。


2016年は穂竜愛好会10周年。新年になりましたので会費のお支払いよろしくお願いいたします。会長HPの掲示板のメールマークをクリックして会長にメールを出し振り込む、または会場で直接お支払いもOKです

にほんブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。このブログは穂竜をはじめ金魚を飼うのが好きなSが書いている金魚のブログです。「穂竜」に興味を持っていただいた方,お気軽に穂竜愛好会の掲示板にお問い合わせください。別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

お正月休みよ、さようならぁ~

お正月休みに、熱帯スイレンで最後まで咲いていた株を、室内に取り込みました。今年は12月末まで咲いていました。
現在のところ氷も一度もはってないと思います。
スイレン鉢から持ち上げてみるとものすごい数のラムズホーンが繁殖していました。
以前杉野顧問から貝をいただいたことがあるのですが、改良種レッドの綺麗な色だったのですが、今回のスイレン鉢に混じっていたのは地味な色。外来種だそうですので、川に流さないように、取れる限り取って貝だけ元のスイレン鉢につっこんでおきました。
IMG_1497.jpg
貝がいて、めだかが数匹いるこの鉢は、浮き草や水草にまけず、ものすごく良い青水になっております。
スイレンの鉢は4つあるのですが、ラムズホーンがいるのはこの鉢だけでした。
10Lぐらいの狭い生態系で繁殖していたようです。
がんばれ!貝!基本的に、金魚やめだかや花に悪い影響がなければ何が繁殖していてもOKなのでした。

2016年は穂竜愛好会10周年。新年になりましたので会費のお支払いよろしくお願いいたします。会長HPの掲示板のメールマークをクリックして会長にメールを出し振り込む、または会場で直接お支払いもOKです

にほんブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。このブログは穂竜をはじめ金魚を飼うのが好きなSが書いている金魚のブログです。「穂竜」に興味を持っていただいた方,お気軽に穂竜愛好会の掲示板にお問い合わせください。別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

巻貝 スネイル

投げ込み式ろ過をつかっている屋外のプラ舟を久しぶりに洗うと、投げ込み式ろ過の底面にどちゃーっとスネイルが着いていて、壁面にも透明ゼリーの卵がいっぱいくっついていました。
「きしょー(気色悪い)!!」と思い、スネイルを道路に流して、なんとかならないかな?とペットショップのおじさんに聞いてみたら、「○○っていう熱帯魚やったらスネイル食べますよ。」とか「キラースネールとかありますよ」とか。最後には指でつぶしましょうとか、いい答えはありませんでした。
違うんです。マツモにくっついているのが増えたようなので、農薬的なもので殺したいのです。
水草ストックにあるスネイルをすべて殺したいのです。
あと、スイレンのところにも紛れ込んだようなので、草はおいておいて貝を駆除したいのです。

室内水槽には貝類は1,2mmのものを除いて混入はないのですが。屋外にわんさかーと増えているようです。いったん増えたら駆除は難しいんだろうなぁ。いつの間にかヒルがいる容器もあるし。まずは目に見えるサイズを捨てていく方向でがんばります。


9月6日(日)穂竜愛好会第2回研究会があります。日程を合わせて、赤穂におこしください。

にほんブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。このブログは穂竜をはじめ金魚を飼うのが好きなSが書いている金魚のブログです。穂竜愛好会は、2015年新会員募集中!「穂竜」に興味を持っていただいた方,お気軽に穂竜愛好会をよろしくお願いいたします。また今年度の会費のお支払いをお待ちしております。別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

冬のミジンコ

冬の水生植物。スイレンや蓮などは葉っぱが枯れています。一部残ったものからまた春芽が出るでしょう。
青浮き草はまだまだ元気ですが、ミジンコ浮き草はほとんど沈んでしまいました。
さてそんな中、青浮き草をちょっとどけてみるとミジンコがまたあわてて泳ぎだしました。元気です。

水がいつまでたっても黒い不気味な雨ざらしのスイレンの入れ物のところにもたくさんミジンコがおりました。
落ち葉がたくさん入っているようでアブの幼虫(白いウジのような気色悪い感じです)もおりました。気色悪いです。

外の水温は厳しくてもさすがミクロの世界は結構元気な模様です。

ブログ参加しています。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。このブログは穂竜をはじめ金魚を飼うのが好きなSが書いている金魚のブログです。穂竜愛好会は、2015年新会員募集中!「穂竜」に興味を持っていただいた方,お気軽に穂竜愛好会をよろしくお願いいたします。別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

鋭い目の青ちゃん

我が家の横の電柱に,アオサギがとまっていました。
s-DSC02725.jpg

遠くを見ていたけど,するどいまなざし。痩せた体。
きょえ~,どうみても金魚の敵にしかみえません。
近所のおばさんに青魚もらっておいでぇ。


金魚ブログ参加してます。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。ただいま絶賛会員募集中!「穂竜」に興味を持っていただいた方,穂竜愛好会をよろしくお願いいたします。
別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

水中の苦手な生物

以前,不快な虫の話を書きましたが,今日の朝は苦手な水中生物,ヒルがいる金魚のプラ船の水替えをしました。
現在,我が家ではこの1か所のみにヒルがいます。
たぶん,昔琵琶湖や近所で拾ったアナカリス(オオカナダモ)にくっついてやってきたのでしょう。
どうも吸血性ではないようで,投げ込み式濾過の底面やフンなどのゴミのところにいますし,金魚は元気そうだし,一度ハイターなどで数をへらしたのですが,また復活してきました。

さて,赤虫やミズミミズぐらいは平気だよ~♪という私も,さすがにヒルは気持ち悪い。
が,そういう時に限って洗っている投げ込み濾過の砂利が,ちらばったりするんですよねぇ。時間がないから見ないふり見ないふりと気合を入れ素手で砂利を集めて,水替え完了。

もう暑いうちに使い切った方が良いと思われる,高たん白なエサをバラバラ撒いて仕事に行きました。
s20130617_8727.jpg


Appendix

魚フォト

穂竜 変わり竜の写真です

全記事表示リンク(過去記事はこちらから)

全ての記事を表示する

検索フォーム

にほんブログ村PV

にほんブログ村PVランキング

Extra

プロフィール

穂竜愛好会京滋G

Author:穂竜愛好会京滋G
赤穂の地錦魚 穂竜・変わり竜 を飼育する穂竜愛好会の
京滋Gメンバーのブログです。穂竜のほかにもさまざまな金魚を中心にブログに書きます。

最新記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カウンター