FC2ブログ

Entries

メダカの緑光

職場のスイレン鉢はやや日陰に移動させていたのですが、とうとう暑さのため親メダカが死んでしまいました。
かわりに稚魚がたくさん孵化していました。食べられなければたくさん孵化するものですね。
20匹ぐらい小さな子がいます。

さて、メダカサイトをちらりとのぞいていたら、「緑光」という品種を見かけました。
ひかり具合によって緑が見えるのですが、なんとはなく穂竜の稚魚ってこんな色を見せる気がします。
稚魚のときだけ見せる淡い青色や光具合によって緑っぽく見えるのですが。
穂竜のほうは成長してしまえば色が変わるのですが、メダカはすさまじい色合いの変化を見せているので色の変化が予想がつかず面白いです。
人様の画像を拝借するのはまずいので検索でみてくださいね。

次回穂竜愛好会のイベントは第2回研究会。9月2日(日)手帳に赤丸つけておいて、ぜひ赤穂に来てくださいね。

穂竜愛好会、2018年もよろしくお願いいたします。
新年の会費は、第2回研究会などの愛好会のイベント会場で直接お支払いもOKです。
口座振込みご希望の方はご連絡いただいたら口座をお伝えいたします。


にほんブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。このブログは穂竜をはじめ金魚を飼うのが好きなSが書いている金魚のブログです。「穂竜」に興味を持っていただいた方,お気軽に穂竜愛好会の掲示板にお問い合わせください。別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
スポンサーサイト

プチ旅行

本日金魚ネタゼロの雑記です。

東京に旅行に行きました。仕事の夫にくっついていって、前後に観光です。
往復新幹線とホテルがくっついたプランで選んだところが、歌舞伎町の中のホテルで新しいところでした。
ホテル利用者やレストラン利用者が入れるゴジラのでかいオブジェがあるところ。
134.jpg
下は映画館です。
エレベータに同乗するお客さんが中国人ファミリーや香水のきつい欧米人カップルみたいな人が多くて、国内旅行と思えない雰囲気。

夜、ホテルに入るときは酔っぱらっていて気がつかなかったのですが、朝の歌舞伎町は良く見れば、大人の濃い繁華街で、あらためてファミリー層が避けそうな町でした。ラブホとか、コスプレのお姉さま方とか、源氏名がまぶしいお兄さんのお店とか。
133.jpg
朝モーニングを食べに歌舞伎町の昭和テイストの喫茶店「クール」へ。
1階が夜のお店の無料案内所だけに、入りにくいんですが最近昭和テイストの喫茶店がマイプチブームなので、ドリンク代+100円でパンとサラダと、ベーコンエッグがついているモーニングにひかれて中へ。
それが本当に大当たり。
132.jpg
いやあ、ビニール張りのソファとかラタンのランプシェードとか、片隅に置かれたインベーダーゲームテーブルとか、雰囲気むんむん昭和テイストに、客層がバラエティに富んでいて歌舞伎町がすごい。
20代の大人しそうな女の子にくっつく普通の若い男の子と、金髪でやたら女の子にべたべたする男の子が片隅にいたり、旅行者らしきフランス語をしゃべる男女。店を出る寸前に横に座った女の子二人は金髪で大柄で、粗い感じがして夫は目を合わせたらあかんと思って見れなかったそうな。

おのぼりさん的に、「ふえー、香港みたい」とおもいながらエスカレーターに乗ったり、
129.jpg
ビール祭りに行って大盛り上がりのステージを見ながら
89.jpg
1Lほどビールを飲んで汗をかいたりしながら
111.jpg
いやあ、東京って日本語のうまい外国人が多いですねぇ。
某電気屋さんに行けばアジアから中近東、欧米各国語対応可能なスタッフがいたり、居酒屋で持つ煮込みと焼き鳥を頼んだのはインド系のお兄さん、横で飲んでた若者は韓国語をしゃべってはったし。
今回、金魚成分なしで珍しく観光に専念してみました。


次回は9月2日(日)手帳に赤丸つけておいて、ぜひ赤穂に来てくださいね。

穂竜愛好会、2018年もよろしくお願いいたします。
新年の会費は、第2回研究会などの愛好会のイベント会場で直接お支払いもOKです。
口座振込みご希望の方はご連絡いただいたら口座をお伝えいたします。


にほんブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。このブログは穂竜をはじめ金魚を飼うのが好きなSが書いている金魚のブログです。「穂竜」に興味を持っていただいた方,お気軽に穂竜愛好会の掲示板にお問い合わせください。別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ

メダカ 大きくなってきた

もともとメダカが好きとかというわけではなく、数年前に子どもが飼育していた爬虫類の餌として飼育をはじめたメダカ。
ヒメダカと黒っぽいやつがいます。楊貴妃や白めだかも混じっていたのですが、我が家で何世代か経るうちにヒメダカ系と黒っぽいやつしかいなくなりました。色の濃いヒメダカは楊貴妃が入っていたのかなぁ?
稚魚を見つけてはすくって別の容器に入れていたのですが、そろそろでかくなってきました。
先日の弐歳会で、会員の方におすそ分けいただいた高級メダカの稚魚もすくすく大きくなりました。
幹之やブチメダカです。
系統を増やしたいのではなく血を薄めたいだけです。
稚魚水槽からすくってスイレンが入った容器で適当に飼育中です。
これから若いメダカがまた次世代の卵をうんでくれるでしょう。
DgqtAL0VAAA5XFH.jpg

私は水生植物が好きですので、ハスとスイレンを育てていますがハスはメダカにむきません。
一気に水を吸い上げますのでメダカが干上がりますねぇ。
スイレンは水没させるのでこっちがメダカ向き。ただ、本来は一日中がんがんに日当たりが良い場所が花にはオススメなのでメダカにきつい温度になりますねぇ。


次は、穂竜愛好会第1回研究会 平成30年7月1日(日) 赤穂城址武家屋敷公園デース。

☆研究会は今年生まれの魚を持ち寄ります。稚魚サイズも7月には若魚に! 
当日入会もお待ちしております。入会金1000円、年会費2000円。夏は金魚のシーズンですね。

穂竜愛好会、2018年もよろしくお願いいたします。
新年の会費は、弐歳会などの愛好会のイベント会場で直接お支払いもOKです。
口座振込みご希望の方はご連絡いただいたら口座をお伝えいたします。


にほんブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。このブログは穂竜をはじめ金魚を飼うのが好きなSが書いている金魚のブログです。「穂竜」に興味を持っていただいた方,お気軽に穂竜愛好会の掲示板にお問い合わせください。別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ

夏の祭り「花火って最高だね」

もう金魚ブログ感が薄れてきた夏の祭りシリーズ。今日でいったん休憩です。
花火っていいですよね。
ええわぁ~。ええわぁ~。好きやわぁ~。
琵琶湖で打ち上げる花火、昨年は一人で見に行きましたが、今年は違いました。
IMG_8454.jpg
台風が過ぎ去り、無事に花火を見ることができました。
約1万発の花火があがります。
新作のかえる花火などもありましたが、大きな定番の花火があがると「どーん、どーん」と空気が震えるような音がします。
やっぱでかい花火はええなぁ。
IMG_8459.jpg
今年の祭りシリーズは今日でいったん終了いたします。魚が出てこなくてすいませんでした。

穂竜愛好会の第1回研究会は7月2日(日) 赤穂城址で開催しました。第2回は9月3日に開催しますよ!今年生まれの魚を見せあいます。お気軽にお越しください。会員ではなくても見学大歓迎。

にほんブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。このブログは穂竜をはじめ金魚を飼うのが好きなSが書いている金魚のブログです。「穂竜」に興味を持っていただいた方,お気軽に穂竜愛好会の掲示板にお問い合わせください。別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

夏の祭り「仙台七夕っていいですねぇ」

仙台ではループルという観光バスで効率よく観光地を回ることができます。
IMG_8006.jpg
まずは有名な「伊達政宗公像」を。生誕450年であちこちでおにぎりみたいなむすび丸くんが大活躍。
IMG_8018.jpg
雨の中でしたので商店街での七夕飾りは大変綺麗でした。これは金魚柄。
IMG_8394.jpg
飾りは和紙で作られたものが多いですが、木の細工ものの飾りもきれいでした。
IMG_8410.jpg
交差点に会った圧倒的な量の飾り。
IMG_8406.jpg
商店街のこの回文おもしろいですよねぇ。
IMG_8412.jpg
さて、楽しかった旅行ですが、台風の関係で仙台発のすべての飛行機が欠航に。
しょうがない、なんとか帰らねば明日から仕事。ということで、人生初の東北新幹線に乗りました。
帰りの窓から見たのは富士山。
IMG_8449.jpg
帰ってきたら旅行中に家族が乗っていたバイクがチューブを踏んでいたみたいで、入れ物ひとつ魚が死んでおりひどい異臭がしていました。しょうがない。
そこには新しく魚が入るスペースになります。

穂竜愛好会の第1回研究会は7月2日(日) 赤穂城址で開催しました。第2回は9月3日に開催しますよ!今年生まれの魚を見せあいます。お気軽にお越しください。会員ではなくても見学大歓迎。

にほんブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。このブログは穂竜をはじめ金魚を飼うのが好きなSが書いている金魚のブログです。「穂竜」に興味を持っていただいた方,お気軽に穂竜愛好会の掲示板にお問い合わせください。別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

夏の祭り「青森ねぶ(ぷ)た編その2」

IMG_8141.jpg
IMG_8143.jpg
冒頭の岩魚は、宿泊した谷地温泉の池をのぞいた写真です。今回は岩魚は食べるチャンスがありませんでした。

さて、今回も金魚成分は薄くほとんど祭りです。
この日は弘前と青森のねぷた&ねぶたを見ました。
弘前は川を覗くとでかい鯉がうようよいました。
赤丸部分。
IMG_8156.jpg
ねぷたといえば夜のイメージですが、昼も運行しています。
IMG_8164.jpg
弘前ねぷたは、扇形が多いのですが
IMG_8172.jpg
このような組み立て型(人形型)もあります。テーマは本能寺。
IMG_8190.jpg
店先には、手作りの1匹1匹姿が違う金魚ねぷたのちょうちんが下がっていました。
IMG_8237.jpg

そして移動して青森市へ。
このように4人でひいている小型のねぶたもあるのですが
IMG_8252.jpg
大きくて迫力があるものが多く、こちらの企業ではおそろいのはっぴで
IMG_8275.jpg
立体造詣が難しそうなこの形。
IMG_8305_20170810001818f2a.jpg
マニアックな武将ねたもありました。
IMG_8366.jpg
今度もし行くときは津軽錦を見たいのですが、ツアーで行く先には特に金魚やもなく、浅虫水族館にも寄れなかったのでリアル金魚なしの青森県でした。

穂竜愛好会の第1回研究会は7月2日(日) 赤穂城址で開催しました。第2回は9月3日に開催しますよ!今年生まれの魚を見せあいます。お気軽にお越しください。会員ではなくても見学大歓迎。

にほんブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。このブログは穂竜をはじめ金魚を飼うのが好きなSが書いている金魚のブログです。「穂竜」に興味を持っていただいた方,お気軽に穂竜愛好会の掲示板にお問い合わせください。別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

夏の祭り「青森ねぷた編その1」

台風5号、影響が少なかったらよいのですが、いかがだったでしょうか?
京都は珍しく暴風警報が発令されましたので、知り合いのfacebookからは「ああ!お迎えサインが出た!」と大騒ぎでした。
私はそのときに京都を離れて、青森でねぷたとねぶたを見ておりました。

盛り上がる祭りが好きだぁぁl!

祇園祭より、だんじりが好きだぁぁぁ!!
葵祭りより、阿波踊りが好きだぁぁぁ!!
時代祭りより、ねぷたやねぶたが好きだぁぁぁ!!

一度本物のねぷたとねぶたを見たくて、強行日程で青森旅行に行ってきました。
まずみたのは五所川原の立佞武多(たちねぷた)

仙台発着のツアーに申し込んだのでとりあえず仙台の集合場所に向かわねば。
穂竜愛好会の研究会と同じぐらいの出発時間なので、前日仕事を終えて、すぐにご飯を食べて寝たのですが寝付かれません。
おお、いつもなら布団に入って2分ぐらいで寝ているのですが、9時半に布団に入ったまま寝られなくて、いつもどおり12時前後に寝ました。どうせ起きているならと、旅行中に気になる水槽の水替えも夜11時半ぐらいにしておきました。
数時間寝て、さあ、出発です。
京都駅からの始発空港バスですが、すでに予約で残席わずか。あぶねぇ、次回は予約しようと思いました。
IMG_8057.jpg
吉幾三さんも歌っていましたよ。
さて、早速ですが五所川原市の立佞武多は大きいものだと高さ約23メートル、重さ約19トンらしいです。
大きなねぷたが町を回るのは、盛り上がります。京都に比べれば暑さもましです。

今年のテーマは「纏(まとい)」だそうです。
IMG_8107.jpg
出雲阿国もすごいです。
IMG_8126.jpg
いまどき風のラブライブねぷたも出ていましたよ。
IMG_8089.jpg
ちょっぴり金魚成分
金魚ねぷたの釣り飾り。
IMG_8033.jpg


穂竜愛好会の第1回研究会は7月2日(日) 赤穂城址で開催しました。第2回は9月3日に開催しますよ!今年生まれの魚を見せあいます。お気軽にお越しください。会員ではなくても見学大歓迎。

にほんブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。このブログは穂竜をはじめ金魚を飼うのが好きなSが書いている金魚のブログです。「穂竜」に興味を持っていただいた方,お気軽に穂竜愛好会の掲示板にお問い合わせください。別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

千種川を遡るその2

6月4日、会長と一緒に穂竜が生まれた水の源流を遡る撮影に行きました。
千種川は鮎釣りの名所らしいのですが、今年は鮎の魚影が薄いようです。
川を見ていたら鮎を見に来ていたおじさんが「まったく、おらん。あかんわ」と語っておられました。
IMG_6665.jpg
上流のほうへ行くと、水が透明になっていきます。魚や!鮎か!アマゴのようでした。
日淡好きにはたまりませんねぇ。
途中、のぼりがたくさんあがっています。「クリンソウ祭」
なんじゃぁ?クリンソウって。ちょうど休憩がてらに散策コースに行ってみました。
山野草好きにはたまりませんねぇ。
IMG_6702.jpg
この鮮やかなピンクの大型のサクラソウがクリンソウだそうです。
IMG_6712.jpg
多くの観光客が来ておられました。山歩き好きにはぴったり。
朝日新聞でも記事がとりあげられたそうです。
http://www.asahi.com/articles/ASK634VL4K63PIHB00D.html

私はこんな山野草が割りと好きですけど。
天南星(テンナンショウ)の仏炎苞(ぶつえんほう)とかマニアックでええねん。
IMG_6730.jpg

穂竜愛好会の第1回研究会は7月2日(日) 赤穂城址であります。今年生まれの魚を見せあいます。お気軽にお越しください。見学大歓迎。

にほんブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。このブログは穂竜をはじめ金魚を飼うのが好きなSが書いている金魚のブログです。「穂竜」に興味を持っていただいた方,お気軽に穂竜愛好会の掲示板にお問い合わせください。別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

穂竜のふるさと赤穂の源流は

本日、穂竜のふるさと赤穂の源流、千種川を撮影しに会長と川を遡りました。
その様子は、来年のDVDでええ感じで編集されている予定です。
金魚のふるさとを訪ね、いや、ほぼ自然大好き!ネイチャードライブです。
まず、このあたりの下流からスタート。
IMG_6590.jpg
副流なのですが、滔々と流れる千種川の水面に木々と空が写りこみます。
IMG_6598.jpg
川は表情を変えていきます。中流域には岩がごろごろ。
数年前佐用町で、大雨による洪水が起こったことにより、護岸の整備が一気に進んだそうです。
IMG_6605.jpg

途中、大河ドラマのバックにあった滝で沢蟹やカスミサンショウウオ?(小型のサンショウウオ)を見たり、シマヘビにあってどっきりしたり。生物好きな人にはぴったり。また滝好きにはたまりませんねぇ。
IMG_6621.jpg
緑の青水に見えますが、水は透明です。藻が一面透明度の高い水の中に繁殖しているのですが、そこに無数の稚魚が。
IMG_6631.jpg
まるでジブリに出そうな雰囲気です。
その近くには、動物の骨も。骨マニアの人にぜひ!
IMG_6633.jpg
また、田んぼのホウネンエビ(赤丸)とカブトエビを見たり、カエルを見たりして自然と親しむ1日になりました。
IMG_6643.jpg

穂竜愛好会の第1回研究会は7月2日(日) 赤穂城址であります。今年生まれの魚を見せあいます。お気軽にお越しください。見学大歓迎。

にほんブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。このブログは穂竜をはじめ金魚を飼うのが好きなSが書いている金魚のブログです。「穂竜」に興味を持っていただいた方,お気軽に穂竜愛好会の掲示板にお問い合わせください。別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

旅行先で

冬の間に少し旅行に行きました。
s-IMG_4167.jpg

金魚を売っているお店などを探す暇がない旅でした。地上が寒いのでショッピングモールを歩いていたら水族館スペースがありました。まだオープンしていない時間なので、入り口のところで記念写真を撮っただけですが。
s-IMG_4170.jpg
s-IMG_4172.jpg

春にまたプチ旅行に行くのですが、今度は暖かい国なので金魚スペースなどがあるかもしれません。

穂竜愛好会は2017年11年目に入りました。まだまだ愛好会は新入会員募集中。お気軽にお問い合わせください。今年の会費の納入お待ちしております。

にほんブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。このブログは穂竜をはじめ金魚を飼うのが好きなSが書いている金魚のブログです。「穂竜」に興味を持っていただいた方,お気軽に穂竜愛好会の掲示板にお問い合わせください。別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

Appendix

魚フォト

穂竜 変わり竜の写真です

全記事表示リンク(過去記事はこちらから)

全ての記事を表示する

検索フォーム

にほんブログ村PV

にほんブログ村PVランキング

Extra

プロフィール

穂竜愛好会京滋G

Author:穂竜愛好会京滋G
赤穂の地錦魚 穂竜・変わり竜 を飼育する穂竜愛好会の
京滋Gメンバーのブログです。穂竜のほかにもさまざまな金魚を中心にブログに書きます。

最新記事

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カウンター