Entries

行雲流水なかんじで

高級金魚本「金魚伝承」を買いました。
今回第33号。奇数本はらんちゅうだけではなく、他の魚のことも載っていたりらんちゅうの飼育者の方々の写真が並びます。
「表紙の文字は行雲流水(空をゆく雲と川を流れる水のように、執着することなく物に応じ、事に従って行動すること。)」だそうです。
そのとおり、いやあ、なんともならんよね、金魚さん。コツコツ続けることが大切でしょうか。

穂竜愛好会の頁が最後に載っています。今回は3ページものっていますよ。
冬の愛読書としてしばらく読みます。詳しくはまた明日。

穂竜愛好会、2018年もよろしくお願いいたします。
新年の会費は、弐歳会などの愛好会のイベント会場で直接お支払いもOKです。
口座振込みご希望の方はご連絡いただいたら口座をお伝えいたします。


にほんブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。このブログは穂竜をはじめ金魚を飼うのが好きなSが書いている金魚のブログです。「穂竜」に興味を持っていただいた方,お気軽に穂竜愛好会の掲示板にお問い合わせください。別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ

スポンサーサイト

書籍「生ける宝石 錦鯉大観」

金魚本ではないのですが、錦鯉本買いました。
タイトルのとおり「生ける宝石 錦鯉大観」約50年前の本です。

今まで見たことがないような品種ものっています。(ってあんまり鯉に詳しいわけではないので、見かけたことがない品種)
文化三色とか銀水とか、来迎とかね。
IMG_3213.jpg

この中で「越の秘色(こしのひそく)」なんかちょっとエッチな感じします?ちゃうちゃう、秘色って昔の緑色の中国の陶磁器かららしいのですが。
IMG_3217.jpg

錦鯉の中でも緑色と紫色が幻の色とされていたそうです。その中で緑色の鯉を創り上げたということらしいのです。
写真は緑?というより一瞬黄色と浅黄で緑?とみえるかな。ぐらいに私は思うのですが、ネットなどで検索すれば、マスクメロンぐらい緑やったという品種らしいです。
すごいですねぇ。錦鯉。冬の読み物として読んでみます。

穂竜愛好会、2018年もよろしくお願いいたします。
新年の会費は、弐歳会などの愛好会のイベント会場で直接お支払いもOKです。
口座振込みご希望の方はご連絡いただいたら口座をお伝えいたします。


にほんブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。このブログは穂竜をはじめ金魚を飼うのが好きなSが書いている金魚のブログです。「穂竜」に興味を持っていただいた方,お気軽に穂竜愛好会の掲示板にお問い合わせください。別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ

本「ああ、そうなんだ!魚講座」

「ああ、そうなんだ!魚講座」という本を読んでいます。
魚に関するミニ雑学の本です。金魚のことというより、魚全般に関する雑学がのっています。
この中で、Q。魚のオス、メスはどうやって見分ける?という項目がありました。
1)オスメスで形が異なるもの。
2)産卵期になるとオスとメスの二次性徴が現れるものがあります。

金魚は2の二次性徴、追星が現れるなのですが、鯉やオイカワにもオスの頭部に追星が現れるそうです。
ネットで見たのですが、むちゃくちゃ分かりやすい。タナゴやカワムツも分かりやすい。
それに比べれば、フナや金魚は些細な点ですねぇ。
穂竜の追星はびっくりするぐらい分かりませんよ。

でも、プロもオスとメスを見分ける必要はあまりなく、元気が良い魚を数十匹 飼育槽にいれておけば普通オス・メスがほぼ1:1で混じっているので産卵させられるだろうということでした。

穂竜愛好会、2018年もよろしくお願いいたします。
新年の会費は、弐歳会などの愛好会のイベント会場で直接お支払いもOKです。
口座振込みご希望の方はご連絡いただいたら口座をお伝えいたします。


にほんブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。このブログは穂竜をはじめ金魚を飼うのが好きなSが書いている金魚のブログです。「穂竜」に興味を持っていただいた方,お気軽に穂竜愛好会の掲示板にお問い合わせください。別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ

金魚伝承33号は来年発行

いつもなら、そろそろ12月ごろに金魚伝承の奇数号が発刊されるのですが、検索してみたら1月に伸びると書いてありました

あすからの年末年始の休みは、まずは金魚の水を換えます。固まったシリコンチューブを張替えします。
みなさまも良い年末年始をお過ごしください。

穂竜愛好会の第11回全国品評大会は10月14日(土)に開催しました。金魚の飼育は1年ずーっと続きますが、全国品評大会で一区切りです。会員の皆さまお疲れさまでした。今後ともよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。このブログは穂竜をはじめ金魚を飼うのが好きなSが書いている金魚のブログです。「穂竜」に興味を持っていただいた方,お気軽に穂竜愛好会の掲示板にお問い合わせください。別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ


金魚の飼育本

金魚の飼育本を薦めようと思ったら、最近金魚の飼育本を買っていないので流行が分かりませんでした。
以前に書いたことがありますが、金魚80品種カタログと、金魚の医食住などが初期に買った本です。
しかし、金魚本の流行も移り変わりやすく、最近はもっと新しい本がでているようでamazonでは中古品しか手に入らなくなっていました。

そして、ブラインシュリンプのこと、稚魚の選別などが書いてある本といえば、らんちゅうのことが書いてある本になりますねぇ。
IMG_2631.jpg
最近出版されていたものではないのですが、この中で「らんちゅうと金魚の楽しみ方」が、こびきの仕方やブラインシュリンプの沸かし方など丁寧に説明されているし、さらにらんちゅうだけでなく、サブタイトルに高級品種の紹介とあるようにさまざまな金魚も載っているのでお勧めかなと思いました。
IMG_2632.jpg
IMG_2633.jpg
IMG_2634.jpg

穂竜愛好会の第11回全国品評大会は10月14日(土)に開催しました。金魚の飼育は1年ずーっと続きますが、全国品評大会で一区切りです。会員の皆さまお疲れさまでした。今後ともよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。このブログは穂竜をはじめ金魚を飼うのが好きなSが書いている金魚のブログです。「穂竜」に興味を持っていただいた方,お気軽に穂竜愛好会の掲示板にお問い合わせください。別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ

美容室で本を読む

パーマをあてました。特殊パーマのため4時間ぐらいいすに座りっぱなしだったので昨日の「増補改訂版 養殖の餌と水」持っていって読んでみました。読んでよかった。
IMG_8944.jpg
時々眠くなるのですが、髪の毛を少量ずつひっぱられるのが時々痛くて何とかウトウトして読み飛ばしながら6割ぐらいの頁が読めました。
IMG_8950.jpg

魚類の飼料について、ワムシのこと、ミジンコのこと、アルテミアのことなど読みました。
特にアルテミアが初め単眼だってはじめて知りました。ノープリウス眼というらしい。
IMG_8945.jpg
生まれてすぐは400から500μmなのに、半日で2令の600μm、さらに24時間すると800μmになるらしいですよ。
IMG_8947.jpg
上の見えにくい写真は、孵化したばかりのアンブレラ期。下の白い線が200μm。下のもしゃもしゃが成体。左上の白い線が1mm。

あと、アルテミアにはDHAとか少ないとか、ミジンコとケンミジンコ(カイアシ類)は違うとか。
また養殖魚類によって必須栄養素が少ないこともよく分かりました。

ああ、ちょっとこれで今日まで長らくコポペーダと思っていた「コペポーダ」がDHAとか豊富というのが書かれているのもよく分かった。DHAが海水魚には要るんだ。

後半の養殖場の環境と循環ろ過、腸内細菌も面白そうなので、理系の金魚愛好家の方へオススメ本でした。

穂竜愛好会の第2回研究会は好天の中9月3日に開催しました!次回の全国品評大会は10月14日(土) 当歳魚、2歳魚、親魚。穂竜と変わり竜のすべてが集まります。お見逃しなく。会員ではなくても見学大歓迎。

にほんブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。このブログは穂竜をはじめ金魚を飼うのが好きなSが書いている金魚のブログです。「穂竜」に興味を持っていただいた方,お気軽に穂竜愛好会の掲示板にお問い合わせください。別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

図書館で本を借りる

図書館で本を借りました。
「増補改訂版 養殖の餌と水 - 陰の主役たち」
IMG_8950.jpg
IMG_8948.jpg

養殖魚の餌として、アルテミア、ミジンコなどが紹介されていています。ミジンコの姿も写真で綺麗に撮られているのですが怖いですねぇ。一つ目といい、ぎざぎざの手を上にわぁーとあげていて。
また、循環ろ過や病原微細菌など役に立つ情報が載っています。
昨日紹介した「ときめく金魚図鑑」と違って読みにくい本ですが、たぶん読んだら役に立つんだろうなぁと思われる本です。
でも漢字と英語、さらに数字が一緒に記載されていると、頭が読むのを嫌がります。昔の漫画「ハクション大魔王」みたいに、「数字を見ると蕁麻疹がでるでごじゃるよ」と頭がどこかで言っています。

買うのはためらうけど、ちょっと大きな図書館に行けばあると思いますので、金魚の飼育にも役立ちそうですので読んでみてください。私も、頭に住む大魔王を打ち負かし、読んでみたいと思います。

穂竜愛好会の第2回研究会は好天の中9月3日に開催しました!次回の全国品評大会は10月14日(土) 当歳魚、2歳魚、親魚。穂竜と変わり竜のすべてが集まります。お見逃しなく。会員ではなくても見学大歓迎。

にほんブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。このブログは穂竜をはじめ金魚を飼うのが好きなSが書いている金魚のブログです。「穂竜」に興味を持っていただいた方,お気軽に穂竜愛好会の掲示板にお問い合わせください。別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

サイン本をゲットしましたよ!

先日の穂竜愛好会の第2回研究会で、「ときめく金魚図鑑」の尾園さんサイン本をゲットしました。
IMG_8951.jpg
写真だけでなく、文章も尾園さんが書かれているんですね。
IMG_8952.jpg

と思うと表現が「ムフフ(#^.^#)可愛らしい」と思っちゃいますね。
例えば水泡眼はサブタイトルというかキャッチが「揺れる水泡がハートを直撃!」ですよ。
IMG_8953.jpg

穂竜は「青空と黄金の稲穂を背負った金魚」
変わり竜は、「百花繚乱」ですって。いいですねぇ。
IMG_8954.jpg

また、写真が背景を白で抜かれているのですが、そこに書かれた水色の線画がカフェっぽいという雰囲気かなぁ。
うまくいえないんですけど、今までの本がうどん屋とか定食屋っていうイメージとしたら、カフェっぽいかんじ。
「カフェオレのもうっか?」という雰囲気でつい手にとってしまうかんじです。
多くの人に手にとってもらって、金魚のよさ、穂竜や変わり竜のよさを知ってもらいたいですね。

また、金魚は和金からランチュウ、新しい品種までバランスよく取り上げられていますが、尾園さんの好みがやはり出てますよね。
うーん、私だったらどう並べるんだろう?と色々な記事をバランスよく取り上げ、幅広い読者に受け入れてもらい、綺麗な写真をとる尾園さんの苦労をちょっと察してみたりして。
まだ、数冊ならありますので、この間の研究会に来られなかった方はぜひゲットしてください。

穂竜愛好会の第2回研究会は好天の中9月3日に開催しました!次回の全国品評大会は10月14日(土) 当歳魚、2歳魚、親魚。穂竜と変わり竜のすべてが集まります。お見逃しなく。会員ではなくても見学大歓迎。

にほんブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。このブログは穂竜をはじめ金魚を飼うのが好きなSが書いている金魚のブログです。「穂竜」に興味を持っていただいた方,お気軽に穂竜愛好会の掲示板にお問い合わせください。別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

とくめく○○図鑑

IMG_7857.jpg
山と渓谷社。ときめく図鑑。
仕事から帰ってきたら本が家にありました。

家族が買ったみたい。「ときめくコケ図鑑」
こちらのほうは、2014年から発売されたようです。ときめく金魚図鑑も多くの読者に愛されて重版を重ねられるような本になったら良いですね。
IMG_7858.jpg

山と渓谷社より「ときめく金魚図鑑」7月22日に出版されることが決まりました!!!
7月2日(日)に開催された穂竜愛好会 弐歳会の模様も載っているそうです。可愛い穂竜と変わり竜のほか、様々な金魚がきれいな写真で載っています。

今回著者の尾園さんに特別に愛好会用に限定でサインを入れていただけることになりました!
ご予約いただいた方は優先で第2回研究会でお渡しいたしますのでぜひ会員のみなさん研究会で限定本をゲットしてください。

当ブログで予約取りまとめさせていただきますので、コメント覧に非表示での書き込みまたは horyu.keiji.g☆gmail.com まで☆をアットマークに変換してご連絡ください。


穂竜愛好会の第1回研究会は7月2日(日) 赤穂城址で開催しました。第2回は9月3日に開催しますよ!今年生まれの魚を見せあいます。お気軽にお越しください。見学大歓迎。

にほんブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。このブログは穂竜をはじめ金魚を飼うのが好きなSが書いている金魚のブログです。「穂竜」に興味を持っていただいた方,お気軽に穂竜愛好会の掲示板にお問い合わせください。別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

「ときめく金魚図鑑」出版されます!

山と渓谷社より「ときめく金魚図鑑」7月22日に出版されることが決まりました!!!
7月2日(日)に開催された穂竜愛好会第1回研究会(正)弐歳会の模様も載っているそうです。可愛い穂竜と変わり竜のほか、様々な金魚がきれいな写真で載っています。

今回著者の尾園さんに特別に愛好会用に限定でサインを入れていただけることになりました!
ご予約いただいた方は優先で第2回研究会でお渡しいたしますのでぜひ会員のみなさん研究会で限定本をゲットしてください。

当ブログで予約取りまとめさせていただきますので、コメント覧に非表示での書き込みまたは horyu.keiji.g☆gmail.com まで☆をアットマークに変換してご連絡ください。


穂竜愛好会の第1回研究会は7月2日(日) 赤穂城址で開催しました。第2回は9月3日に開催しますよ!今年生まれの魚を見せあいます。お気軽にお越しください。見学大歓迎。

にほんブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。このブログは穂竜をはじめ金魚を飼うのが好きなSが書いている金魚のブログです。「穂竜」に興味を持っていただいた方,お気軽に穂竜愛好会の掲示板にお問い合わせください。別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ
にほんブログ村

Appendix

魚フォト

穂竜 変わり竜の写真です

全記事表示リンク(過去記事はこちらから)

全ての記事を表示する

検索フォーム

にほんブログ村PV

にほんブログ村PVランキング

Extra

プロフィール

穂竜愛好会京滋G

Author:穂竜愛好会京滋G
赤穂の地錦魚 穂竜・変わり竜 を飼育する穂竜愛好会の
京滋Gメンバーのブログです。穂竜のほかにもさまざまな金魚を中心にブログに書きます。

最新記事

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

カウンター