FC2ブログ

Entries

金魚の本が少ないなぁ

今日買い物に行ったついでに、かなりマニアックな本もあるような市内1番の大型の本屋に行ったのですが、金魚本が少なくてびっくりしました。まず、哺乳類、鳥類、爬虫類・両生類、魚類みたいなコーナーに行きましたが特にめぼしい本はなし。
そして、園芸書の横にあるペットコーナーに行ったのですがそちらにも持っている以外の新しい本はなし。
金魚、熱帯魚ともに人気がないのでしょうか?寂しいなぁ。

穂竜愛好会、2019年もよろしくお願いいたします。
2019年の会費は、品評会などの愛好会のイベント会場で直接お支払いもOKです。
新年になりましたら口座振込みご希望の方はご連絡いただいたら口座をお伝えいたします。


にほんブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。このブログは穂竜をはじめ金魚を飼うのが好きなSが書いている金魚のブログです。「穂竜」に興味を持っていただいた方,お気軽に穂竜愛好会の掲示板にお問い合わせください。別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ

スポンサーサイト

金魚伝承第35号

昨日は「日本らんちゅう協会 五十年史」だったのですが、その続きが金魚伝承第35号です。
「日本らんちう協会の第51回全国大会から2018年に行われた第63回全国大会までの役魚全個体を掲載」やそうです。
51155451_1850757008380999_7814541460035862528_n.jpg

金魚伝承の偶数号はらんちゅう、奇数号はその他の金魚となっていたのですが今回はらんちゅうになってしまいました。
その他の金魚愛好家の私としては残念です。

穂竜愛好会、2019年もよろしくお願いいたします。
2019年の会費は、品評会などの愛好会のイベント会場で直接お支払いもOKです。
新年になりましたら口座振込みご希望の方はご連絡いただいたら口座をお伝えいたします。


にほんブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。このブログは穂竜をはじめ金魚を飼うのが好きなSが書いている金魚のブログです。「穂竜」に興味を持っていただいた方,お気軽に穂竜愛好会の掲示板にお問い合わせください。別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ

昔の本

昨日、作業の合間に昔のらんちゅうが載っている本を見せていただきました。
「日本らんちゅう協会五十年史」
50628521_1850756878381012_2661007199383322624_n.jpg

紺色のきれいなハードカバーの本でした。の割にはお手ごろ価格。
50年史と言われるぐらいですので、はじめのほうは写真が全部白黒。私が生まれる前からされています。
昭和感がはんぱない。
50853118_1850756708381029_6818892333434535936_n.jpg
京都の東本願寺別荘 枳殻邸(きこくてい)とかでやったはるやん!
(誤)松井佳一博士と宇野仁松翁の巨頭の2ショットとかありました。
(正)松井佳一博士と石川亀吉翁の巨頭の2ショットとかありました。すごいですねぇ。
51268243_1850756655047701_3849607486944313344_n.jpg
今ではあまり見られない横見の写真が珍しいですねえ。
51039841_1850757111714322_2726653742983151616_n.jpg

穂竜愛好会、2019年もよろしくお願いいたします。
2019年の会費は、品評会などの愛好会のイベント会場で直接お支払いもOKです。
新年になりましたら口座振込みご希望の方はご連絡いただいたら口座をお伝えいたします。


にほんブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。このブログは穂竜をはじめ金魚を飼うのが好きなSが書いている金魚のブログです。「穂竜」に興味を持っていただいた方,お気軽に穂竜愛好会の掲示板にお問い合わせください。別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ

かけながし

フリーペーパー『金魚仲間 2018年11月・12月号』の餌やりシリーズ良かったです。
もっとも大きくなったのは餌やり+かけながし。(写真後から載せますね)
かけながしは水を少しずつ交換するのですが、一般家庭では無理かな?と思えるこの手法、どうやったらええんやろ?
川+ため池?
でも、水の温度って冷たいとねえ。1年を通して温度が一定の地下水?

朝のワイドショーで、今後インフラの関係で水道料金は、民営化してもしなくてもあがるそうやしますますかけ流しなんて贅沢わざできにくいですねぇ。

穂竜愛好会、2019年もよろしくお願いいたします。
2019年の会費は、品評会などの愛好会のイベント会場で直接お支払いもOKです。
新年になりましたら口座振込みご希望の方はご連絡いただいたら口座をお伝えいたします。


にほんブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。このブログは穂竜をはじめ金魚を飼うのが好きなSが書いている金魚のブログです。「穂竜」に興味を持っていただいた方,お気軽に穂竜愛好会の掲示板にお問い合わせください。別窓で開きます。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ

金魚仲間の神畑養魚株式会社

同梱されていた金魚仲間。久しぶりに読みました。
IMG_6668.jpg
大和郡山のやまと錦魚園の方が中国に金魚の審査に行かれた話しを読んでいたのですが、そこで神畑養魚株式会社の創業者神畑重三氏が錦鯉を始めてヨーロッパに輸出させたことなど長年の功労をたたえて表彰されたそうです。
sIMG_6671.jpg
いまや世界に人気の錦鯉。

また、珍珠鱗の魚をピンポンパールと名づけたのも重三氏だったとwikipediaにのっていましたよ。
珍珠鱗よりピンポンパールのほうが名前が有名になりましたもんね。


いよいよ穂竜愛好会のイベントは第12回全国品評大会を残すばかり。10月20日(土)手帳に赤丸つけておいて、ぜひ赤穂に来てくださいね。

穂竜愛好会、2018年もよろしくお願いいたします。
今年の会費は、品評会などの愛好会のイベント会場で直接お支払いもOKです。
口座振込みご希望の方はご連絡いただいたら口座をお伝えいたします。


にほんブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。このブログは穂竜をはじめ金魚を飼うのが好きなSが書いている金魚のブログです。「穂竜」に興味を持っていただいた方,お気軽に穂竜愛好会の掲示板にお問い合わせください。別窓で開きます。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ

ゲンバビト見ました!

先日研究会の後,どうしても眠くて見られなかった「ゲンバビト」民放再放送で見ました。
みなさんもぜひ!急いで!
キャプチャ6
弥富の生産者の方が,ええ感じの更紗の琉金を作っておられて,やっぱ琉金ってええよなぁと思いました。
肩の盛り上がりといい,尾の長さといいたまらんですねえ。尾がまくれていて「これが残念」と言ってはったのもよく分かります。
今年の夏は暑くて大変やったといってはりましたよ。

墨田水族館の伝道師のお兄さんが祭りで説明している,再放送24分ぐらいの画面右側,よくみたら金魚本を書いておられる御大K田さんが歩いておられたような。幻かな?

いよいよ穂竜愛好会のイベントは第12回全国品評大会を残すばかり。10月20日(土)手帳に赤丸つけておいて、ぜひ赤穂に来てくださいね。

穂竜愛好会、2018年もよろしくお願いいたします。
新年の会費は、第2回研究会などの愛好会のイベント会場で直接お支払いもOKです。
口座振込みご希望の方はご連絡いただいたら口座をお伝えいたします。


にほんブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。このブログは穂竜をはじめ金魚を飼うのが好きなSが書いている金魚のブログです。「穂竜」に興味を持っていただいた方,お気軽に穂竜愛好会の掲示板にお問い合わせください。別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ

穂竜 in きんぎょ飼育図鑑

さすが顧問。
『きんぎょ飼育図鑑』に、穂竜ももちろん紹介されていますが、他にもちょいちょいと穂竜が使われています。
前書きに、前著の「かわいい金魚」から写真を総入れ替えして、さらにこだわった点と記されていますが、さすが金魚の写真が新しくなっています。
子どもが写った写真でも、昔の写真と今の写真は同じ子どもでも顔つきや髪型、服や周りの写りこんだ風景が違いますからね。
金魚も今風です。

さて、穂竜ですが尾びれの写真とか、新品種コーナーの頁に穂竜がちょいちょいと写っています。
新しい魚と共に、パーツを見て何の魚か想像するのも楽しいですね。

次回穂竜愛好会のイベントは第2回研究会。9月2日(日)手帳に赤丸つけておいて、ぜひ赤穂に来てくださいね。

穂竜愛好会、2018年もよろしくお願いいたします。
新年の会費は、第2回研究会などの愛好会のイベント会場で直接お支払いもOKです。
口座振込みご希望の方はご連絡いただいたら口座をお伝えいたします。


にほんブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。このブログは穂竜をはじめ金魚を飼うのが好きなSが書いている金魚のブログです。「穂竜」に興味を持っていただいた方,お気軽に穂竜愛好会の掲示板にお問い合わせください。別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ

きんぎょ飼育図鑑

あたらしい金魚本「きんぎょ飼育図鑑」がエムピージェーさんから出版されました。
穂竜愛好会顧問杉野先生著です。
kingyo-shiiku.jpg

昨今金魚本を買うことがすくなくなりましたが、やはり写真が多くて手にとり易い金魚本は、金魚愛好家を1人でも多く育てるためには必須ですよね。

この時期、夏祭りやイベントで金魚を手に入れてしまう。
→餌や飼育容器などを買う。
→お迎えした金魚が1匹、2匹と死んでしまう。
→ネットで調べる。(昔はこの項がなくすぐに本ですね。)
→よく分からないので、とりあえず綺麗な写真と飼育方法がのったお手軽プライスの本に手を出す。(高くても1000円台で、まちがっても5000円を越える本は買いませんよね。この段階では。)
→魚がいなくなったけど、または数が減ったけど飼育用具を一式そろえたので何か飼いたくなる。
→本を見て、いやぁ、綺麗な子がいっぱいいるやん。となる。
→値段を見てほしい金魚が予想以上に値段が高いので購入を悩む。
→高くていっぱい買えないなら自分で増やせば良いやん、と思って飼育本を読み込んでから金魚を飼い始める。
とこのあたりでもう、金魚の深道、泥道、底なし沼道にはまり込みましたね、奥さん。フフフフ。
もう、無傷ではぬけられませんよ、この世界からは。

なーんて、金魚好きが増えれば良いなぁと思います。
なんといっても、金魚は野生では生きられません。人間が飼育して改良が進みます。
飼育人口が増えないと新しい金魚は生まれませんし、金魚屋はどんどんつぶれるし、養魚場もつぶれるし、値段が上がるし。
近くのお店で金魚を売っているところが少なくなりますから。
新しい金魚、綺麗な金魚、うわぁすごいと思える魚に会いたいです。

次回穂竜愛好会のイベントは第2回研究会。9月2日(日)手帳に赤丸つけておいて、ぜひ赤穂に来てくださいね。

穂竜愛好会、2018年もよろしくお願いいたします。
新年の会費は、第2回研究会などの愛好会のイベント会場で直接お支払いもOKです。
口座振込みご希望の方はご連絡いただいたら口座をお伝えいたします。


にほんブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。このブログは穂竜をはじめ金魚を飼うのが好きなSが書いている金魚のブログです。「穂竜」に興味を持っていただいた方,お気軽に穂竜愛好会の掲示板にお問い合わせください。別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ

金魚伝承 金魚人の日常がすごすぎる

高級金魚本 金魚伝承奇数号には、らんちゅうを育てておられる金魚人が3人巻頭のほうに載っているのですが、日常がすごすぎるんです。とてもとてもまねできません。
今回載っていたTさん、5時に起床。就寝時間不明。もし2時に帰宅でも水替え。
(えー、何時に仕事が終わって寝るんですか!睡眠時間が短すぎて私なら体ボロボロになりますよ!)

そして、Oさん。5時40分起床。仕事は昼勤のとき7時から19時
(仕事の拘束で12時間もあると、しんどいのに、起床が5時40分ですよ。またもや私の体は体ボロボロですよ!)

そして、Sさん。5時起床。そして消防士さんなので1日交代で24時間勤務なんですよ!
(もう休みの日に魚をどうしておられるのか、そのときに産卵しそうでたまりません。なのに5時おきですよ、やっぱり体もボロボロですよ)

と、皆さん超人すぎるスケジュールです。
お布団大好きの私やったら金魚飼育無理!と思わざるを得ません。

まあ、これは魚が産卵する時期だけだと想像しているのですが、(だって私これだったら体持たないもん!)
やはり、早めに寝て7時間ぐらいは最低睡眠時間を確保し、自分のペースで魚を育てるリズムを作らないと、無理な飼育は長続きしないと思う、アラフィフの私でした。
さらに、朝5時におきても、今日あたり産むという予感があたらない私と、大潮に鈍感な我が家の魚のコンビなので、朝7時おきでもなんとか去年は何腹か取れましたよ。
らんちゅう飼育者の方とそもそも比べたらあきませんね。アスリートのみなさんと、ダイエットウォーキング3日坊主みたいな差がありますね。

穂竜愛好会、2018年もよろしくお願いいたします。
新年の会費は、弐歳会などの愛好会のイベント会場で直接お支払いもOKです。
口座振込みご希望の方はご連絡いただいたら口座をお伝えいたします。


にほんブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。このブログは穂竜をはじめ金魚を飼うのが好きなSが書いている金魚のブログです。「穂竜」に興味を持っていただいた方,お気軽に穂竜愛好会の掲示板にお問い合わせください。別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ

行雲流水なかんじで

高級金魚本「金魚伝承」を買いました。
今回第33号。奇数本はらんちゅうだけではなく、他の魚のことも載っていたりらんちゅうの飼育者の方々の写真が並びます。
「表紙の文字は行雲流水(空をゆく雲と川を流れる水のように、執着することなく物に応じ、事に従って行動すること。)」だそうです。
そのとおり、いやあ、なんともならんよね、金魚さん。コツコツ続けることが大切でしょうか。

穂竜愛好会の頁が最後に載っています。今回は3ページものっていますよ。
冬の愛読書としてしばらく読みます。詳しくはまた明日。

穂竜愛好会、2018年もよろしくお願いいたします。
新年の会費は、弐歳会などの愛好会のイベント会場で直接お支払いもOKです。
口座振込みご希望の方はご連絡いただいたら口座をお伝えいたします。


にほんブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。このブログは穂竜をはじめ金魚を飼うのが好きなSが書いている金魚のブログです。「穂竜」に興味を持っていただいた方,お気軽に穂竜愛好会の掲示板にお問い合わせください。別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ

Appendix

魚フォト

穂竜 変わり竜の写真です

全記事表示リンク(過去記事はこちらから)

全ての記事を表示する

検索フォーム

にほんブログ村PV

にほんブログ村PVランキング

Extra

プロフィール

穂竜愛好会京滋G

Author:穂竜愛好会京滋G
赤穂の地錦魚 穂竜・変わり竜 を飼育する穂竜愛好会の
京滋Gメンバーのブログです。穂竜のほかにもさまざまな金魚を中心にブログに書きます。

最新記事

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

カウンター