Latest Entries

室内(玄関)の水槽について

玄関の水槽に穂竜の当歳魚を入れています。
毎年室内なのに、寒いので外が6度とかになれば室内なのに息が白く、水温も10度から12度ぐらいになります。

が、今年は高血圧を気にする家族のためゆるくあたためておくことになりました。
「室内の温度差が激しくて死んでしまう。ヒートショックがこわいんや!」と大騒ぎされてしまいました。

まあ、確かに寒いんだけど。高血圧も心配ですが、電気代の心配もドキドキドキ。
さらに、冬に穂竜が産んでしまうのではとドキドキしています。

穂竜愛好会の第11回全国品評大会は10月14日(土)に開催しました。金魚の飼育は1年ずーっと続きますが、全国品評大会で一区切りです。会員の皆さまお疲れさまでした。今後ともよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。このブログは穂竜をはじめ金魚を飼うのが好きなSが書いている金魚のブログです。「穂竜」に興味を持っていただいた方,お気軽に穂竜愛好会の掲示板にお問い合わせください。別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ

スポンサーサイト

簡単冬支度

本日、屋外に置いた金魚の冬支度をしました。
といっても、水を換えて波板をかぶせておいただけです。
我が家の冬支度完了。

青水は一切ナシです。この後餌、ちょろちょろやります。水たまに替えます。フィルターも掃除します。
コケはたわしで削れる分は削りましたがコケつきです。

青水にしようとがんばってみたときもありますが、過去なんども飛びました。また透明の水で大丈夫だったので現在はあきらめています。投げ込みフィルターを年中稼動させているので難しいのかもしれません。

inabouさんのHPを拝見したら立地Kさんところで産卵があったようですね。
のろいの呪文が効いたようです(^_-)-☆

穂竜愛好会の第11回全国品評大会は10月14日(土)に開催しました。金魚の飼育は1年ずーっと続きますが、全国品評大会で一区切りです。会員の皆さまお疲れさまでした。今後ともよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。このブログは穂竜をはじめ金魚を飼うのが好きなSが書いている金魚のブログです。「穂竜」に興味を持っていただいた方,お気軽に穂竜愛好会の掲示板にお問い合わせください。別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ

穂竜以外で好きな金魚は?

この頁をみておられる方は、穂竜が好きな方か、そうでなくても金魚が好きな方が多いと思います。
穂竜を飼育している会員で、「穂竜以外に興味はないねん」という人は私が知る限り名誉会長とinabouさんです。
公言はされていなくても、お二人の家に金魚は穂竜しかいません。
飼育スペースの問題で現在は飼っておられなくても、「ああ、こんな●●な○○を△△で□□させたら××やろなぁ。」と他種に興味をもち、欲しがられる方はおられるでしょ。
私の場合は「ああ、こんなでかい更紗リュウキンを90L水槽で泳がせたら立派やろなぁ。」とか「ああ、こんなX尾がかっちょいいジキンで手持ちの魚と戻し交配させたら、X尾がいっぱいでるやろなぁ。」とか「ああ、こんなでかいトロ舟でロングテールの子をひらひら泳がせたいなぁ。」とか思います。

飼育のやり取りや、連絡をさせていただいているうちに、「京都系のらんちゅうのモコモコが可愛らしくて♪」という女性会員の方がおられました。これまた、私がまったく語り合えないらんちゅうジャンルです。だれか京都らんちゅうの可愛らしさ、飼育の面白さを伝えていただける穂竜愛好会会員の方おられましたら、ぜひご一報ください。
また、未入会の方でもえっ、京都らんちゅう好き、穂竜も好きという方おられましたら、ぜひ来年の会からご参加ください。
穂竜愛好会は穂竜だけ好きなの方のみならず、加えてその他の金魚が好きな方も、いや魚類が、いや虫が、いや生物が、いや女性が好きな方もぜひご入会ください。

穂竜愛好会の第11回全国品評大会は10月14日(土)に開催しました。金魚の飼育は1年ずーっと続きますが、全国品評大会で一区切りです。会員の皆さまお疲れさまでした。今後ともよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。このブログは穂竜をはじめ金魚を飼うのが好きなSが書いている金魚のブログです。「穂竜」に興味を持っていただいた方,お気軽に穂竜愛好会の掲示板にお問い合わせください。別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ

飼育相談「卵がこぼれていたら」

今日は、「穂竜の入れ物にあめ色のつぶつぶがこぼれていたので、卵をあわててスポイトで拾いました。」と先日とは違う方よりメールをいただきました。どうしたらよいでしょう?という相談だったのですが。

それの回答を書いたので転記しておきます。

魚などは、メスとオスがそろい、メスが産卵するとオスが精子をかけます。
産卵シーズンになりますとメスがフェロモンを出すのか、オスがお腹をつんつんと刺激してメスをその気にさせて卵を出させます。オスが精子をかけるのですが、金魚の中でも穂竜って普通の産卵ができないようです。

長手のフナのような魚は、メスがどんどん産卵して、オスもピューっと精子をかけるのですが、穂竜はほっておくと数百個ポロポロと卵を出すだけで、オスも精子をあまりだしません。だいたい食ってます。
穂竜の産卵は人工授精が確実です。

ここでお断りしておくと、私は穂竜は産卵して育成することを前提にしていますので、気がついたときはメスが放卵が終わり、百粒ぐらいしか卵が孵化しないと見込まれる場合は卵は採らないです。水を替えて卵は放置。親に食べてもらいます。
この11月に生まれるならたくさん孵化させない場合、ヒーターやブラインシュリンプの手間が多いので苦労が多いわりに楽しさが少ないと判断してしまうかもしれません。

説明中略

水槽に残った百、二百ぐらいの卵は親が食べても大丈夫。というか、体調崩したことは私はありません。
それよりも、白濁した水のほうがエラなどに悪影響を与えるとおもいますので、産卵したら水を替えておきます。

卵のついた網や洗面器は、発砲スチロールとかの入れ物などにわけてエアストーンをいれておきます。
水槽に卵を産んでしまい、それを活かしておこうと考えるなら親を避難させますが、水量を減らしてからオスの精子を出します。水10Lぐらいに減らします。そうでないと、水槽満水の中で精子を出しても受精率が悪そうなので。
そして、さらに水槽に卵&精子&卵&精子と重ならないように産ませてから、水をすべて入れ替えます。
卵の状態では水温変化と水質に強いので、あわ立つような水をすべて捨てて水道水をいれ、その後ヒーターで温めます。

あめ色のままだったら受精している可能性も高いのでがんばってくださいね。

私の回答はこんな感じです。
ふー、11月なのに産卵相談が多いのはなぜでしょうか?
ヒーターを入れておられるからかな?
私は金魚飼育の休憩シーズンと思っていますので、この時期に産卵はしてほしくないです。
今生まれたら小さな稚魚もすぐ1月からあけ2歳になってしまいます。


穂竜愛好会の第11回全国品評大会は10月14日(土)に開催しました。金魚の飼育は1年ずーっと続きますが、全国品評大会で一区切りです。会員の皆さまお疲れさまでした。今後ともよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。このブログは穂竜をはじめ金魚を飼うのが好きなSが書いている金魚のブログです。「穂竜」に興味を持っていただいた方,お気軽に穂竜愛好会の掲示板にお問い合わせください。別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ

金魚カレンダー2018

金魚カレンダー2018を手に入れました。
IMG_2586.jpg

ここ数年毎年使っています。12月はクリスマスカラーで赤白の魚が多いですねぇ。丹頂とかね。
IMG_2587_20171119234427d26.jpg
月毎に魚が大まかにグループ化されています。長物とかパール系とか琉金系とかオランダ系とか。

IMG_2588_20171119234429e19.jpg

2017年カレンダーの12月には、以前私が日本一大会に持っていった、穂竜の白化魚「羽衣竜」が「穂竜」として紹介されています(笑)
IMG_3521.jpg

今改めてみると、背の辺りには粒がのっていなくてつるっとしていますねぇ(汗)
今年はどの頁に穂竜が載っているだろう?と楽しみに見たのですが、穂竜が載っていませんでした。
大変残念です。

私は昨年も今年も日本一大会に遊びには行っておりますが、魚を出品していませんでした。
今年は中部の雄Sさんが部門優勝していただいているので再来年のカレンダーには穂竜が載るのでは♪と思います。
各地の会員さんがいろんな会に穂竜を出してくださる → カレンダーや本に穂竜が載る機会が増える。
有難うございます。SNSもそうですが、みなさんでよい穂竜を育ててくださることが、愛好会の発展にもつながりますね。

穂竜愛好会の第11回全国品評大会は10月14日(土)に開催しました。金魚の飼育は1年ずーっと続きますが、全国品評大会で一区切りです。会員の皆さまお疲れさまでした。今後ともよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。このブログは穂竜をはじめ金魚を飼うのが好きなSが書いている金魚のブログです。「穂竜」に興味を持っていただいた方,お気軽に穂竜愛好会の掲示板にお問い合わせください。別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ

いただきもの金魚ガチャ

わが子が小さな頃、ホウ砂とPVA糊で手作りしまくったスライム。懐かしいですねぇ。
そもそもスライムは1970年代に日本でもブームになり、私も小さな頃遊びましたねぇ。同じ頃にスリンキーとかマジックスプリングという、ばね状のおもちゃがあって階段などで動かしましたよね?
今年、アメリカのティーン女子にスライムが大流行していたってネットで知りました。へー、おしゃれぇ。

ここまで懐かしいトーク満載でしたから、タイトルの金魚ガチャ、もう何が出てくるか分かりましたよね。
そうです。スライム金魚です。
IMG_2589.jpg

品評会のときに杉野顧問からいただきました。
「ご存知と思いますが、メチレンブルーの水の中で倒れている金魚みたいなんです。」
なんとも、気になりますが購買意欲が半減するそのおすすめコメント。
IMG_2590.jpg

確かに倒れている金魚が。ビンをあちこちに傾けるのですが、傾くどころか横たわったり、腹が上になったり。
うーむ、まったくうまく行きません。あきらめてその状態で飾ってあります。

穂竜愛好会の第11回全国品評大会は10月14日(土)に開催しました。金魚の飼育は1年ずーっと続きますが、全国品評大会で一区切りです。会員の皆さまお疲れさまでした。今後ともよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。このブログは穂竜をはじめ金魚を飼うのが好きなSが書いている金魚のブログです。「穂竜」に興味を持っていただいた方,お気軽に穂竜愛好会の掲示板にお問い合わせください。別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ

インスタグラム

ブログを書いて6年目になりますが、最近facebook、Instagram、Twitterなど新たなツールが身近になりました。
わたしのような中年でもスマホを持つ人が増えました。
「ぜったいスマホは持たない。」と断言していた職場の人も機種変更でスマホしか選べないのでスマホデビューです。
仕事でもFACEBOOKなどを使う人も多いですし、メールよりもラインでやりとりすることも増えました。

さあ、新たなツールをお持ちの皆さま、インスタグラムやツイッターでも穂竜と検索していただければ、最近きれいな画像あがってきますよ。
インスタで「穂竜」と検索してみたら、こんなに色々な画像が。
horyu1.jpg
最近、綺麗な色の魚を投稿してくださっている、hirokulesさん。
horyu2.jpg
↑私は、写真をかなりいつも小さくしているので、このブログサービスが終了しないかぎり一生写真をアップロードできますが、これはちょっとでかくできますよ。

穂竜愛好会の第11回全国品評大会は10月14日(土)に開催しました。金魚の飼育は1年ずーっと続きますが、全国品評大会で一区切りです。会員の皆さまお疲れさまでした。今後ともよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。このブログは穂竜をはじめ金魚を飼うのが好きなSが書いている金魚のブログです。「穂竜」に興味を持っていただいた方,お気軽に穂竜愛好会の掲示板にお問い合わせください。別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ

追星ですよ!奥さん

先に週末の鯉と金魚のイベント告知を少し。
今週土曜日、神戸フルーツフラワーパークにて鯉の品評大会、全日本愛鱗会の「秋の国際品評大会」ありますよ。鯉の色柄のすごさは楽しいですよ。また秋のフルーツフラワーパークも楽しいです。昔フルーツフラワーパークでハーブ園のいのししよけに仕掛けられた電柵でビリビリしたなぁ。いのししと同レベルの私はハーブをつまみ食いしてたんですけどね。

また日曜日、第9回 日本オランダ獅子頭愛好会 全国品評大会が 四国香川県東かがわ市のとらまる公園で開催されるそうです。
私が行ったときは讃州井筒屋敷だったのですが、昨年から会場が変わっているようですねぇ。讃州井筒屋敷もおいしい思い出がいっぱいです。和三盆もおいしいし、うどんもよかった。お土産に手袋かったなぁ。とおもいっきり四国の旅をエンジョイしてましたねぇ。
会長はこれらのイベントに行かれるそうですので、お近くの会員の方おられましたらぜひ足を伸ばしてみてください。

さて、滋賀県の新人さんより写真を送っていただきました。
ぱっとみて、頭の瘤が小さいし、顔はすっきりしすぎやし、体のパールのノリも悪いと思ったでしょ。
私も罹患している「なんでも穂竜病」です。穂竜を基準に考えてしまう病ですねぇ。
違います。秋錦ですよ。みなさん。
この、ヒレについた白い粒粒。「白点病でしょうか?」との質問でしたが、「追星ですよ!奥さん」いやあ、ヒーター入れている水槽は快適ですからねぇ。春の気持ちで成熟しちゃいますよね。
0s20171114_032610.jpg
穂竜もいますよ。元気にしているそうです。
0s20171114_152100.jpg
でも、滋賀の新人さんの一番のつっこみどころは、リビングの水槽配置でしょ!
もう、リビングじゃなくて水槽部屋じゃん。いやあLEDも美しいですが、ご家族からのブーイングがでないか心配してます(-_-;)
0s20171113_213634.jpg

穂竜愛好会の第11回全国品評大会は10月14日(土)に開催しました。金魚の飼育は1年ずーっと続きますが、全国品評大会で一区切りです。会員の皆さまお疲れさまでした。今後ともよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。このブログは穂竜をはじめ金魚を飼うのが好きなSが書いている金魚のブログです。「穂竜」に興味を持っていただいた方,お気軽に穂竜愛好会の掲示板にお問い合わせください。別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ

秋の産卵の相談

「帰宅したら、舟の底につぶつぶがついていたんです。」と連絡もらいました。「今まで仲良くしていたのに、急に追いかけっこをはじめて...」

「奥さん、産卵(おめでた)ですね。」秋の水温が下がっているこのごろ、当歳魚などは若いスイッチがオンになっていたんでしょうね。
「最近の若い子は発育が良いんだから。」と盛り上がってセクハラ発言連発してしまいました。すいません。

さて、当歳魚でも少し大きめの子であれば秋に産卵してしまうことがあります。また、ヒーターを入れていたら、時期に関係なく産卵することもあります。産卵について詳しくは、穂竜を愉しむ!のこびきについてという産卵頁を熟読されることをお勧めいたします。

この時期に産卵しても、ヒーターを入れなあかんとか、生まれた稚魚はすぐに来年1月で2歳魚になってしまうとか、ブラインの準備ができてないとかあるでしょうから、流してしまう方も多いと思うのですが、私の場合ならたぶん育ててみるでしょう。
受精しているかどうかは少なくとも確かめるでしょう。だって、金魚育てるの好きだし。

朝起きて容器の底に産卵していたら、金魚を別の洗面器などにとり、お腹を軽くおしてオスメスを確かめ残りの卵を人工授精させます。
穂竜の場合自然産卵の卵(入れ物のそこなどについた卵)はあまり受精していないこともあるので水をすべて張り替えます。ほかに金魚を移せるスペースがあるならこぼれていた卵も目がでるか確認しますが、入れ物がなければ水を替えて金魚を戻し、それらは親魚に食べて掃除してもらいます。

仕事から帰ってきたときに、自然産卵でお腹の卵がすべて出尽くしている場合は、だめもとで親魚を他のスペースに移し、卵のついた入れ物は新しく水を水道水に替えてできれば20度から25度ぐらいになるようにし、ぶくぶくとエアレーションをして奇跡の受精を待ちます。未受精の卵はすぐにカビが生えてしまうので、2日ぐらいしたらメチレンブルーでカビをとめます。

今から金魚シーズンは秋冬まったりモードに入るのですが、産卵は楽しいイベントですねぇ。稚魚の可愛ゆさはたまりませんねぇ。受精していたらよいですねぇ。

穂竜愛好会の第11回全国品評大会は10月14日(土)に開催しました。金魚の飼育は1年ずーっと続きますが、全国品評大会で一区切りです。会員の皆さまお疲れさまでした。今後ともよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。このブログは穂竜をはじめ金魚を飼うのが好きなSが書いている金魚のブログです。「穂竜」に興味を持っていただいた方,お気軽に穂竜愛好会の掲示板にお問い合わせください。別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ

金魚ピックの穂竜と変わり竜

今日は、穂竜愛好会の名誉会長が奈良県大和郡山のイオンモールで開催される金魚ピックに出品されるときいていたのですが、私は用があって行けませんでした。
ただ、立地Kさんから好意でネタ用写真を送ってくださいました。
黒青竜が2位で
1510488269934 - コピー
1510488276542 - コピー
穂竜が3位だったそうです。
1510488250882 - コピー
1510488258032 - コピー
こちら選外だった穂竜だそうです。色が綺麗ですね。
1510488281360 - コピー
中部の雄、Sさんもはるばる奈良まで来てくださっていたみたいです。皆様遠いところお疲れさまでした。

穂竜愛好会の第11回全国品評大会は10月14日(土)に開催しました。金魚の飼育は1年ずーっと続きますが、全国品評大会で一区切りです。会員の皆さまお疲れさまでした。今後ともよろしくお願いいたします。

にほんブログ村ランキングに参加しています。お帰りの際,下の「金魚」と書かれたボタンぽちっと押していただくと嬉しいです。このブログは穂竜をはじめ金魚を飼うのが好きなSが書いている金魚のブログです。「穂竜」に興味を持っていただいた方,お気軽に穂竜愛好会の掲示板にお問い合わせください。別窓で開きます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 金魚へ

Appendix

魚フォト

穂竜 変わり竜の写真です

全記事表示リンク(過去記事はこちらから)

全ての記事を表示する

検索フォーム

にほんブログ村PV

にほんブログ村PVランキング

Extra

プロフィール

穂竜愛好会京滋G

Author:穂竜愛好会京滋G
赤穂の地錦魚 穂竜・変わり竜 を飼育する穂竜愛好会の
京滋Gメンバーのブログです。穂竜のほかにもさまざまな金魚を中心にブログに書きます。

最新記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カウンター